fc2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

初夏の花

昨日は軽井沢も30℃。
木陰の涼風だけが救いです。

今朝、Toshikoが携帯で撮影したとある庭園の風景です。
花園-220730-1
突然成長した乳母百合。

花園-220730-2
ブンちゃんを見守るお花たち。

花園-220730-3
アナベラ

花園-220730-4
薪小屋の横で咲き誇るギボウシたち

スポンサーサイト



2022-07-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

季節は花から木へ

1-M-Garden_220619
様々な緑に覆われたM氏邸。

2-M-Garden_220619
花達は子孫を残して、また来年!

3-M-Garden_220619
主人が来るのを黙って待ってます。

4-M-Garden_220619
隣の家はすくすくと伸びて。

5-M-Garden_220619
それでも季節の花がありました。

6-M-Garden_220619
グランドカバーが道まで覆っています。

7-M-Garden_220619
週に一度はご夫婦が見学に来ます。

8-M-Garden_220619
シロツメクサと雑木林。

9-M-Garden_220619
秋には完成するでしょう。


2022-06-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Where Have All the Flowers Gone?

花園-220525-1
<季節は夏へ>

花園-220525-2
<最初に出迎えてくれるけなげな花>

花園-220525-3
<ツツジ:ご苦労様でした>

花園-220525-4
<チューリップもお疲れ様でした>

花園-220525-5
<グランドカバー その1>

花園-220525-6
<グランドカバー その2>

花園-220525-8
<ピンクが頑張っていました>

花園-220525-9
<大葉ギボウシ>

花園-220525-10
<基礎工事が完了>


2022-05-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春から初夏へ

前日に本管から分岐した水道が敷地内に登場!

花園-1
<水道メーターBOXと簡易立ち水栓>

Mikami庭園では花のリレーが始まっています。
花園-2
<5月16日:本格的な春の到来>

花園-3
<色々な花が咲き始めました>

花園-4
<ツツジ>

花園-5
<緑に覆われてきたチューリップの園>

花園-7
<今年の締めくくり的雰囲気に>

花園-7
<黒色で幕を閉じそうです>

花園-8
<最後の頑張り屋さん>

花園-9
<なかなか見事ですね>

花園-10
<そう言えばこちらも頑張っています>

2022-05-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

初めて知った水道本管からの分岐工事

新築工事に伴う水道工事の謎が解けました。

問)本管からの分岐工事では一時的に近所が断水する。
答)ブブー・・・・・しません。

高い水圧が掛かっている本管に穴を開けるのに?
・・・・なぜ?。
私は今までその実態を知りませんでした。

一昨日、我が家の真ん前で工事がありました。
このチャンスを逃すわけにはいきません。

朝8時過ぎに工事開始。
9時にジョギング(実はウォーキング)から戻ると穴掘りは既に完了。

水道分岐工事-1.JPG
<非舗装の道路なので1時間ほどで完了>

水道分岐工事-2.JPG
<既に本管と思われる管が見えます>

工事の人に聞きました。
問)この細い管が「本管」ですか?
答)そうです。この周りの家だけですから。

管の直系は50㎜程度と思われます。
問)管は鉄ですか?
答)塩ビです。

問)水圧が掛かったまま穴を開けるのですか?
答)そうです。そのうち判ります。

待つこと1時間。
(工事の人は休憩。私は地下室の整理)
町の上下水道課の係員(多分)がやってきました。

20㎝四方程度の箱から何かを取出し本管に。

水道分岐工事-3.JPG
<いよいよ分岐工事が始まります>

既に仲良しになった工事担当の人が、
こちらに来るとよく見えますよ。と誘ってくれました。

水道分岐工事-4.JPG
<箱から取り出した物体を本管に取付>

物体を本管に取り付けます。
40Nに調整してあります。と言って手渡したレンチを使って
60歳位の係りのおっさんがボルトを力一杯締め付けます。

その後、頭部にある針のようなボルトを締め込みまました。(上の写真)
この時、ジワッと水がしみ出してきました。
・・・と言うことは、この時本管に穴が開いたと言うことでしょうか?
歴史的な瞬間に立ち会えたことになります・・・(オーバー、オーバー)

水道分岐工事-5.JPG
<完成!係りのおっさんが帰った後の状態>

分岐栓(後に「サドル付き分水栓」と判明)取付完了。
手前に向いている接続部に水道管を付けて頭部のバルブを開くと通水。

なるほど・・・・そうだったのか。
(ネットで調べれば直ぐに判る事ですが・・・・)

午後4時、地下室の整理を終えて風呂に。
「そうか、この水はあの本管から」・・・感動の涙が。

ちなみに地下室などでは通電したまま電気の配線工事をします。
時々間違えてしびれますがまだ生きているので大丈夫。



2022-05-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索