Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

DTA(Desk Top Audio)とDEQX

完成したDTA(Desk Top Audio)システム。

DTA完成写真
<完成したシステム>

システム図
<システム系統図>

メインの再生装置は一階の居間にあります。

事務用の机とPCは二階の寝室にあります。

PC用のスピーカーはそれなりの音が出るように5年ほど前に自作したものです。

最近はこの事務机でかなり長時間、特に夜から深夜帯)に音楽を聴いたり映画を見るようになりました。

すると、当時は満足だった自作システムの音に次第に不満が出てきました。

今年に入ってからずっとシステムを作り直すことを考えるようになりました。

そんな中、10年前のDEQXの試作品(メインボード)がある事を思い出しました。

そうだ!、DEQXを入れたシステムにしてみよう。

これが1月中旬。

早速、DEQXの試作ボードの動作チェックからスタートしました。

なんと、ほぼ問題なく機能することが判りました。

それでは、DEQXをメインにした机上のオーディオシステム(Desk Top Audio System)を作ろう!

と言う訳で、約1ヶ月を掛けて完成したのが最初の写真と図面です。

結果は・・・・・・・・DEQXのクリズラボが・・・・驚いてしまいました。

これから数回に分けてシステムの製作記をお届けします。

合わせてDEQXの効能を改めて考えて見たいと思います。


スポンサーサイト
2015-02-09 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

DEQX速報

15日と16日、DEQXの導入と調整をしてきました。

近日中にUser's Reportに登場する予定の最新情報です。

取り急ぎ、写真でご紹介します。

NS氏宅にDEQX導入
<相模原市のNS氏宅>

WE555をメインとした入魂のシステム。

NS氏宅の新兵器
<DEQX用新兵器?登場>

DEQX用のパッシブタイプマスターボリュームの試作機が完成。

5年前から暖めてきたデジタルマシンの理想的な使い方が実現!

ダイレクトUSBオーディオ入力用のオプションボードも完成し、

DEQXがまた一歩前進します

----------------------------------------
次は東京の西蒲田に新装オープンとなるALLIONの新試聴室。

ALLIONの新試聴室
<ALLION新試聴室>

録音用スタジオモニターの名機がゆったりと聴ける貴重な試聴室となります。

早速、11月30日の土曜日、午後3時からここでDEQX調整の実演を行う予定です。

午後6時からは持ち寄りCDの試聴会もあります。

午後8時過ぎからは懇親会も予定されているようです。

詳しくはこちらをご覧下さい

2013-11-17 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

DEQX調整行脚(広島編)

平成7年から9年までの3年間、広島に住んでいました。

呉のH氏-1
<呉市の海に近い山の上>

でも、この呉市を訪れたのは初めてでした。

呉のH氏-2
<戦艦ヤマト建造の地>

この撮影場所の100m先にDEQX調整第一弾、呉市のH氏宅があります。

呉のH氏-3
<合計700リットルの密閉箱>

ユニットはアルテックの515ツィンとBMSの4592NDです。

DSC04515.jpg
<呉市のH氏経営の喫茶店>

広島市内にある「ALTEC Me Nishinaya」
ここがDEQX調整第二弾!

呉のH氏-4
<喫茶店の内部とマスターのH氏>

最適リスニングエリアはどこでしょうか?

広島のM氏

広島市内のM氏リスニングルーム。
こちらがDEQX調整第三弾!

12月の10日と11日に合計3カ所でDEQXの調整をしてきました。
詳細は近日中にホームページのUser's Reportに掲載します。

人との出逢い、システムとの出逢い、多くの喜びがありました。

皆様、ありがとうございました。
2012-12-12 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1WピュアAクラスアンプ完成!

12月5日の続き。

最新自宅システム-1
<2012年12月8日現在>

パワーアンプを変更して久々に新しくなった再生システムの全景。

最新自宅システム-
<アンプラック部>

最下段が3Way用のパワーアンプ群。
左側はLch用、右側はRch用で左右に分離。

最新自宅システム-
<片ch分のパワーアンプ>

高域:上段:新開発のNew KLP_10W_ST(Lch)
中域: ----------- 同上 ----------(Rch)
低域:下段:ALLION S-200の片chのみ使用
--------------------------------------------
高能率ホーンドライバー専用アンプ完成!
DEQXとの組み合わせで最強のシステムが構築出来ます。

ホーンドライバー専用アンプ-1
<New KLP_10W_ST>

能率100dB/W/m以上のホーンドライバー専用パワーアンプ。
出力は8Ωで10W、4Ωで20W(歪みは0.001%以下)。
(0.01%以下の無歪み最大出力は20W/8Ωと36W/4Ωで、高能率フルレンジユニットなどにも対応可能)
微少信号のクオリティを徹底して追求。(1Wまで完全Aクラス動作)
能率118dBのBMS社製4592NDを接続してもノイズは全く聞こえません。
ドライバーユニットに応じて、+3/+6/+9/+12dBのゲイン設定が出来ます。

ホーンドライバー専用アンプ-2
<New KLP_10W_STのリアパネル>

入出力端子はロジウムメッキタイプを使用し、長期間の安定性を重視。
電源コネクターはノイトリック社のパワコンを採用。

ホーンドライバー専用アンプ-3
<New KLP_10W_STの内部>

100Wクラスの強力電源を搭載。

ホーンドライバー専用アンプ-4
<New KLP_10W_ST>

サイズは330W×99H×230D(㎜)のコンパクト設計

ホーンドライバー専用アンプ-5
<New KLP_10W_ST>

近日発売予定ですが、完全受注生産のため納期は2ヶ月程度となります。
価格も含めて、詳しくはホームページでお知らせします。


2012-12-08 : DEQX関連 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

803D vs 802D 

昨日、大変興味深い経験をさせて頂きました。

MT氏のNewシステム
<笛吹市のMT氏宅>

写真のスピーカーはB&Wの802Dと803Dです。
内側に置かれ、今はA/Vシステム用となった803Dはつい先日まで、内蔵のLCネットワークをパスして3台のパワーアンプでドライブするマルチアンプ方式として、ピュアオーディオ用に使用されていました。

そして、昨日は外側の802Dを同様にLCネットワークをパスしたマルチアンプ方式でドライブしました。
803Dの時、既にDEQXはHDP-3からHDP-4にアップグレードされ、パワーアンプも803Dの時と同じものです。
つまり、DEQXもパワーアンプも同じで、共にネットワーク無しの803Dと802Dを聞けるまたとないチャンスでした。

結果についてMT氏はその日の夜のメールで
-----------------------
本日は、有り難うございました。
思い切って802Dにして良かったとしみじみ感じています。
正直、ここまで違うとは思っていませんでした。

もちろん、音質的な共通点はありますが、802Dでは音が鳴り響いているのです。
そうなんです、鳴っているだけではなく鳴り響いています。
ここまで鳴るとは・・・・・驚きです。
-----------------------
実は、私も感じました。
調整後に聴いた第一印象は、
あれっ、この曲にはこんな響きがあったんだ!と。

詳しくは近日中にホームページのUse's Reportでご紹介します。


2012-09-03 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。