Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あれれ!オーディオルームが消えた.

地下室?実は

8月17日のブログで,「地下室発見!理想的なオーディオルームだ.」と写真付きで掲載しましたが,大きな間違えでした.
2~3日前に現場を通りかかると巨大なトラックが横付けになっていましたが,このトラックの積み荷はなんと巨大な円筒状のタンクでした.
その日はカメラを忘れたため写真を取ることができませんでしたが,今日はばっちり.
既にタンクは地下に格納され,埋め戻されていましたが,タンクからの配管が見えます.もしかするとガソリンスタンドでしょうか?
およそガソリンスタンドが出来るとは思えない場所なのですが・・・・
素人判断はやめて,もう少し工事の進捗を見守りましょうか.

少なくとも理想的なオーディオルームではありませんでした.すいません.
スポンサーサイト
2007-08-25 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

浅間山(8月17日)

さすがの猛暑も一休み。ウォーキングコースには早くもススキの穂が伸びていました。
ススキの穂


15日に夫婦で東京の花火大会を見て16日に帰宅しましたが、この日は軽井沢の最高気温が33度という信じがたい日だったそうです。でも、山の方は早くも秋の気配が忍び寄っているようです。
昨日(17日・金)女房が撮ってきた浅間山の風景です。
8月17日の浅間山

クリックして拡大写真をご覧ください。
ほら、秋風がふいているでしょ!
2007-08-18 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

宅地開発と地震

時間は前後しますが、先週の事です。すぐ近くでチェーンソーと、草刈り機の音が3日ほど鳴り続けました。さすがに3日目くらいには騒音と、風向きによっては埃っぽい空気が漂ってくるのに閉口して見に行きました。
我が家の隣には同じ頃に建てられた家が一軒ありますが、その向こうは落葉松と雑木林でした。騒音の元はこの雑木林でした。
えっ、ついにここも開発ですが!
そして4日目の朝、ウォーキングから戻ってくると目に飛び込んできたのがこの立て看板。
ついに来ました。

今まではウォーキング街道での見物でしたが、これほどの近距離にまで開発が迫ってくるとは思っていませんでした。
隣の隣・売り出し始まる

土地を見に来ていた知り合いの不動産屋さんに聞くと、広さは170坪ほどで、価格はたぶん1,300万円程度だと言っていました。「栗原さん、買っちゃえば。でも間に一軒入るから無理か」「そうだよね、飛び地になっちゃうものね」と、内心ほっとした私でした。


ついでにもう一軒。これも帰宅途中ですが、我が家からは7~800m離れたところで新築工事が始まりました。地鎮祭は一か月ほど前に見たのですが、いよいよ工事がスタートしました。
近所で地下室

一週間ほど経ったある日、フェンスがずっと張られたままで進展が見られません。あれれと思い、フェンスの中を覗くと、あれまぁ、ぼっかりと大きな穴が開いて、既にベタ基礎のコンクリートと鉄筋の柱が立っていました。
穴はかなり深く、5~6mはありそうです。立派な地下室です。広さは15畳ほどはありそうです。理想的なオーディオルームが出来そうです。
地下室工事


今はお盆の時期でほとんどの工事は停止状態。場所によっては来週あたりから工事が再開されそうです。
レポートのネタは尽きそうにありません。

15日(水)には東京大田区の花火大会を見に行きました。知人がオーナーの7階建てマンションの屋上からは花火を間近に見ることができますが、もちろん花火は刺し身のつまで特設ビアガーデンが目的です。
ガーデンづくりをしていると、なんとも奇妙な雲が出現。皆に伝えに行っている間に形が崩れてしまいましたが、それでもその異様さは伝わってきます。
怪しげな雲-この後、来ました。

とは言っても、灼熱地獄の東京に入道雲が出て夕日が当たっているだけなのですが、雲一つ無い空に突然沸き立つ雲はやはり不気味です。
そしてその後です。うっすらですが、明らかに東の方向のある一点を目指して飛行機雲のような幾筋もの雲が見えました。
私は確信しました。そして大田区から見て東の方向と言えば東京湾と千葉県方向だ、ということを確認しました。
残念ながらこの時は写真も撮らず、誰にも話していないので、「後からなら何とでもいえる」状態だったのが残念。

地震雲。それは私の中ではかなりの確率で的中します。2004年10月23日の午前11時頃、女房を前橋の眼科医に連れて行きました。治療を終えて出てきた時、あまりに見事な地震雲が目に入りましので女房に、ひょっとすると北の方で大きな地震があるかもしれないよと告げました。何事もなく帰宅し、何事もないように早めの夕食を食べていたその時、5時56分にあの「M6.8 新潟県中越地震」が起きたのです。ここ軽井沢でもかなり強くしかもかなり長く揺れました。
食事を中断し、すぐに身支度を整えてとるものもとりあえず、新幹線に飛び乗って渋谷に向かいました。

今回の地震雲はこの時とはまるで規模が違うので誰にも言いませんでした。花火見物が終わり、宴会も終えて午前0時ごろクーラーの効いた部屋で深い眠りに就きました。
そして午前4時15分。それはやってきました。極めて強固に造られたマンションの7階の部屋にいた私は最初のグラッ、で目が覚めました。やや強い揺れでしたが不安は全く感じませんdした。直ぐにテレビとラジオのスイッチを入れ、次々にチャンネルを変えていくと、4chがちょうどニュース番組の最中で、直ぐに地震があったことを伝えていました。
NHKは長い長い(1分程度の事でしょうが、長い時間でした)沈黙の後、やっと地震速報のスーパーが出ました。
遅い。震度4ですよ。日頃は震度1でも直ぐに地震速報が出ますが、私の感覚としては「1」は要らないなと思っています。でも、体感的に震度3以上なら「どこで、どの程度なのかを直ぐに知りたい」と思います。この時に期待に応えてくれるのはどの放送局か・・・・今回はニュース番組を送出中の4chに軍配が上がりました。地震が後15分遅ければNHKもニュース番組に突入していたので速報できたのでしょうが、しかし、言い訳は不要です。「信頼」のために頑張ってください。
2007-08-17 : 日常の出来事 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

水汲みは重労働ですが・・・・

朝8時前、暑くならない内に水汲みに行きました。
一回に浅間山から頂いてくる水は約280リットル。2.7リットルの焼酎用ペットボトル(このボトルは人に頂いたものです。ホントよ!)85本と水用のポリタンク3個(20、15、15)です。
軽トラの最大積載量が350kgなのでこの辺が限界です。

空のペットボトルとポリタンクを軽トラに積んでいざ出発。
空ボトルの積み込み

水汲み場までは浅間サンラインを走ること約25分。
現場到着

水汲み場に到着。かなり山深いところにあります。この道の先は営林署が管理している林道で許可がなければ入れません。写ってる女性は誰かですって!それは内緒ですが、今年の誕生日から年金を受け取り始めた某主婦です。
立て看板

6月16日のページでも触れましたように、ここの水はなんと滅菌されていません。えっ、あたりまえだろう。ですって。
そうなんです。
もともと伏流水というのは「雨や霧など、地表に降った水が地下水となり、河原や扇状地など砂礫層と溶岩など不透水性の火山岩層の境界から地表に湧出するなどして、再び地上に出てくる水のことである。」と説明されています。(Wikipedia)そして、「豊かな森林の土壌や地層を流れている間に濾過され、さまざまなミネラル分を含み、また細菌などの検出率が極めて低いことが多い」のです。
滅菌していないから良いのだ!という信念で今日も頂きまーす。
水汲み場の全景

水が湧き出ているのは直径が2~5mもありそうな大きな岩の間で、出口を直接見ることは出来ませんが、その岩の下方から年間を通じてかなりの水が流れ落ちています。
これが浅間の伏流水

写真では分りませんが水が流れ出す所に取水口がついたパイプが置かれています。このパイプはここから300m程下った民家に引かれていて、たぶん水道代わりに使用されていると思われます。この取水口の横に持参したステンレスのパイプをセットしてボトルに詰めやすくします。
見た目も涼しい、冷たい水です。

水が流れ落ちるところには小さな滝壺のような場所があり、少し手を浸けていると感覚が無くなるような冷たい水です。
ペットボトルに給水中

水をボトルに詰める役目は女房殿で(あっ、女性の正体がバレタ!)、これを10mほど離れた軽トラまで運ぶのが私の役割です。軽トラは水汲み場から10mほど離れた場所にあります。しかも3~4mほど高い道路に置いてありますので、真冬には坂に積った雪で階段状の足場を付けないと登れません。
20リットルのポリタンクは水を満杯にするとさすがに重く、後何年この作業ができるか、ふと不安に思う今日この頃です。
作業を終えて、愛犬の散歩。

280リットルの水をトラックに積んで一段落。ここで愛犬を散歩に連れ出し、しばし山の空気を吸ってきます。
看板とボトル

正真正銘の滅菌処理をしていない自然の水をたっぷり頂き、「今日もご馳走様ーーーー」と声を掛けて帰路につきました。
8月の猛暑の中ですが、標高1000mは涼しいです。

そして、今回も無事に(実は今年の初めごろから「クマ出没・注意」の看板が立ちました。この看板は有効ですね、はい)作業を終えて帰宅。
今度は軽トラから地下室に280リットルの水を運び入れます。
専用の棚に積まれたボトルはすっかり汗をかいています。
地下室に収まったボトル達

地下に収まった280リットルの水

これで一ヶ月は安心。珈琲、お茶はもちろん、料理も含めて、口に入る水はほとんどがこの水を使っています。
5年ほど前からの習慣で、寝る時に水を入れたカップ(氷入り)を枕元に置いていますが、水道水だと翌朝には変な味がして飲めません。氷も含めてこの水にしてからは朝でも美味しく飲めますのでありがたい限りです。

と、いう訳で、一月か一月半に一度、この重労働が待っていますが、貴重な美味しい「水」が(タダで!)飲めることの喜びは代え難く、これからも身体に鞭打って(その趣味はありませんが)頑張りましょう。
2007-08-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

造成地リポート

毎日のウォーキングは1000m林道の一部を利用していますが、この1000m林道は国道18号線とほぼ平行していますので、18号線の各所から少し浅間山方向に上っていくと1000m林道に出ることができます。昨日はいつもの道から100m程離れた道から林道に出ました。
1年前は欝蒼とした雑木林だったこの道に沿って4軒の新築あるいは新築中の建物が目に入りました。
1000m林道へ

一軒目のお宅は建売でしたが既に買われた方が住まわれていました。かなりの豪邸です。
1軒目

2軒目は建物がほぼ完成し、後は庭造りでしょうか。
2軒目

3軒目はまさに建築中。8月中は工事が出来ないのでストップ状態のようです。
3軒目

4軒目は庭もほぼ出来上がりですね。
4軒目

この4軒が国道18号線から浅間サンライン道路に200m程入ったところから1000m林道に抜ける僅か300m程の間に並んで建てられています。
月に一度程度はこの道を通りますが、その度に景色が一変しているのに驚きます。
確か長野県内では唯一、土地価格が値上がりした軽井沢ですが、これだけ建築ラッシュがあればうなずけます。でも、あまり開発が進むのも・・・・・
2007-08-07 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

合掌

★つい先日、6月24日に阿久悠さんの話を書きました。NHK-FMで日曜日の朝8時から放送していた「ミュージックメモリー」という番組を楽しみに聞きながらウォーキングをしている話など。しかし、この日はついに阿久さんの声が聞こえずに終わってしまいました。
そしてついに今日、阿久さんがお亡くなりになったという報に接しました。
やはりそうだったんですね。1年間続くはずだったこの番組に突然出られなくなった事はただ事ではないと思っていたのですが、まさかこんなに早くお亡くなりになるとは思いませんでした。
6月、7月にも親友が相次いでガンで亡くなりましたが、これも団塊の世代が背負っていかなけれならない運命なのかなと悲しくなります。
素晴らしい詩(うた)を5,000曲も残してくれた阿久悠さんに改めてご冥福をお祈りいたします。
2007-08-01 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。