Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

白地図を駆って

昨日、朝8時過ぎに台風14号と一緒に和気藹々と栃木県のH氏宅に向かいました。
軽井沢ICから上信越自動車動に入り、関越道へ、そして高崎ICから北関東自動車道へ。
カーナビ君は伊勢佐木ICを過ぎると高速は終点なので一般道に入りなさいと言っている。
↓↓↓↓↓↓↓↓
カーナビ
そういえばこのカーナビ君は4年ほど前に購入したので、地図データはたぶん5~6年前のものだと思う。
ナビはそういうけど、目の前の高速はまだまだ続いている・・・・ええい、ままよ。そのまま突っ走りました。
カーナビの画面はまるで砂漠の中を進んでいるような状況で「新しいルートに切り替えます」を無意味に繰り返している。(彼女、ごめんね)
結局、高速道は太田桐生ICまで完成していたのでした。
その後は足利バイパスをひた走り佐野藤岡ICから東北道に入り矢板ICまで行きます。
想定していた高速道が意外なところまで延びていてルンルン。
・・・・まてよ、帰りはどうなるの???カーナビは砂漠を走っていたしなーーーー。
矢板ICの手前にある上河内サービスエリアで昼食。食べたかった餃子をぐっと我慢していざ出陣です。

Hase_sys-1
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
お部屋に入った途端、目に飛び込んできました。
このホーン、見たことありますか。
下のスピーカーボックスは有名なALTECの620Aです。
ちなみに3サイズは1016H×660W×457.2Dです。

Hase_sys-3
3サイズと比べ見て下さい。
正直言って巨大です。圧倒的な存在感です。
2㎝以上はありそうな肉厚の樹脂製ホーンで、大変重く、鳴きは全く感じません。

Audio Lab特性
早速特性を測定させていただくと・・・・凄い。
カットオフは140Hzだそうですが180Hz~8,000Hzまでが-10dBまでに入り、しかも大変美しいカマボコ型の特性です。
特性を見ただけで基本に忠実な製品はやはり良いなと素直に思いました。
そしてカマボコ特性をDEQXで補正すれば最強の中域になると直感が訴えています。
ドイツのStereo Labというメーカーのものだそうですが、H氏はドイツから直輸入されたとか。
日本でドイツのスピーカーと言えばアバンギャルドが有名ですが、ドイツはどうしてこんなものが作れる(採算が取れる)のでしょうか。
ちなみに、ホーンは安かったけど輸送賃が高かった!との事です。

Hase_sys-5
この図はかなり前にH氏からシステムのご紹介を頂いて私が製作したものです。
今回実際にお伺いして結構違っていました。申し訳ありません。
真っ先にホーンの色が違います。ほーんとだ(誰です!)

Hase_sys-2

このホーンに直視されながら音楽を聴いていると、とてもお酒を飲むわけにはいかない雰囲気。
途中で気が付いたのですがお部屋の片隅でB&W801-S2が布を被って寝ています。
曰く、「とにかく綺麗な音で鳴るスピーカーで気に入っていたが、もう少し野性味と骨太の音が欲しくなった」とのことから巨大なホーンに行き着いたそうです。

Hase_sys-4
機器類は2本のラックに収まっていますが、アンプは全て3極管シングル、Non-NFBで統一されています。

早速DEQXをシステムに組み込み、マイクをつなぎ、測定開始。
さて、結果は・・・・
ここで、一旦コマーシャルを見ていただいてから続きはまた。

DEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQXDEQX

では後半を。
実は帰り道が大変でした。6時を過ぎてあたりは真っ暗。
とりあえず東北道に入り、またまた上河内SAに入って今度は思いっきり餃子を注文。
栃木・宇都宮の餃子は巨大なホーンと同じで実に味わい深いものでした。
東北道をひた走るとかなりの頻度で北関東自動車道の看板が目に付きます。
2枚目の看板でそちらに行ってみました。
大失敗です。出来立てホヤホヤで湯気の出ている自動車道は10分ほどで終わり。
やれやれ、やっぱり。
帰るだけなので、時間が掛かっても問題なし。ひたすらカーナビ君(お嬢)に従うことにしました。
その結果・・・答えはCM2の後で。

延々市街地や狭い一本道を走り、結局、伊勢佐木ICから無事に北関東自動車道に入りました。
やっぱりカーナビ君はここからしか北関東自動車道をご存じないのね?
そうだろうとは思っていただけ、そうならそうと、早く言ってよ・・・
(昔、誰かに言ったような台詞だなあーーーー)
明日、5年ぶりに君の頭脳を更新することに決めた!。
14,800円ほど掛かるけど仕事の相棒なので仕方ないね。

続く・・・・
スポンサーサイト
2010-10-31 : Audio topics : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

それなりの季節に

木の幹に瓜の肌のような模様がある「ウリハダカエデ」の木です。
10年ほど前に1m位の苗木を山から移植したら10年でこんなに大きくなりました。
今年は色付きが今ひとつではありますが、それなりに季節はやってくるのですね。

ウリハダカエデ-1

上の写真を少しアップで撮ったものです。
ウリハダカエデ-2

これは真下から見上げたところで、夕日(曇っていますが)を浴びて透き通って見えます。
ウリハダカエデ-3

明日は台風と共に栃木県の矢板市までデモに出掛けます。
風と共に去りぬとならなければよいのですが・・・・アーメン。
(そうだ!、明日の昼食はラーメンにしよう。)

いつもの貴方、そして貴女、ありがとうございます。
そこの貴方も、貴女も、一発押すときっと良いことが・・・
↓↓↓↓↓↓ 
2010-10-29 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エキサイティングな一日

ブログに仕事の話はあまり書いてきませんでしたが今回はもろにオーディオです。
2010年10月25日はもしかするとエポックメイキングな日かもしれません。

朝8時過ぎ、愛車三菱パジェロミニで軽井沢インターから184km離れた八王子インターまで、車はゼイゼイ言いながらも気分は快調にひとっ走り。
目的地は「家具は村内八王子」で有名な(株)村内ファニチャーアクセス。
約束の時間より40分ほど早く到着したので併設されている村内美術館に行って時間を潰すことに。
と、思ったら時間を潰すどころか、全く足りないことに気付きました。
素晴らしい美術館です。5年ほど前に行ったパリのオルセー美術館より雰囲気が良い。

↓そして同じ敷地内にあるオーディオショップ、SAND GLASS(砂時計)が目的の場所です。
SandGlass外観
外観は若干年季が入った感じの素敵なログハウス。
2階建ての内部は全室が目的別に分けられた試聴室。
SandGlass_2F_Room
この写真は2階の半分ほどを占める一番大きな試聴室。
そして、普通のオーディオショップではあまり見かけないスピーカーシステム群が迎えてくれました。
それもそのはず、励磁型の磁気回路を持つユニットを使用したシステムばかりです。
例えば、Maxonic、Feastrex、G.I.P Laboratory、Supravox、・・・・
そして、Altecの755E(通称“パンケーキ”)を励磁型で再現した755exユニットまであります。

↓ その755exユニットを入れた背面開放型のスピーカーシステム。
SandGlass_System
システムはその名も“The fullrange”と銘々されていました。
私にとってもこのパンケーキは往年のあこがれのユニットでした。

↓SAND GLASSが中国のLine Magnetic社に特注したオリジナルユニットです。
SandGlass_SP_Unit

まず、今までの状態で聴かせていただくと、何とも懐かしい音が飛びだしてきました。
まさしく1950年代がそこにありますが当時のものより切れ込み感がより向上した感じがします。
しばらく聴いていると、これはこれで一つの音の世界を間違いなく構築していることが判ります。。
しかし、さすがに新しい録音のプログラムでは高域の伸びなどに年代を感じさせることも確かです。

早速DEQXをセットして30分ほどで測定と設定を完了。
SandGlass_DEQX
SAND GLASSのサウンドエンジニア(ユニット設計のプロ)の方の話では、このシステムに様々なツィーターをプラスして新しい録音のプラグラムにも対応できるようにワイドレンジ化を試みたがどうしても755exとの音質的なマッチングが取れなかった、と言われました。

励磁型になって駆動力、制動力が大幅にアップしたパンケーキがDEQXでどのように変貌したのか・・・・
しばらくすると、隣で一緒に聴いておられた方が「これは、ないとだめだね」と言われたのが印象的でした。
バッハの無伴奏チェロソナタでは目をつぶると、3m先に紛れもなく演奏者が居ます。楽器のサイズはもちろん、演奏の熱気がそのまま伝わってきます。

近いうちにDEQX付きの“The fullrange”がここで聴けるかもしれませんので、お楽しみに。

↓そしてもう一つのシステムは励磁型ユニットだけで組み上げた3Wayシステムです。
SandGlass_1F_3Way
CDプレーヤーのデジタル信号をダイレクトにDEQXに入力。
DEQXに搭載したデジタル出力ボードからの信号をデジタルパワーアンプ3台に供給。
なんとCDのデジタル信号はパワーアンプの出口、つまりスピーカーに供給される段階で初めてアナログ信号に戻るという夢のシステムです。
そして、スピーカーユニットは懐かしさと共に、理想的な磁束密度が得られ、減磁の心配が皆無の励磁型ユニット。
こんなシステムは世界的に見ても極めて珍しいのではないでしょうか。

そして出てきた音は・・・・開放的で緻密、古くて新しい。重くないのにエネルギーを感じる低音。
500Hz~3.3kHzを受け持つ強力なミッドレンジの素晴らしい切れ込み。
これらが名指揮者DEQXの元で一体となって響かせる音には今までにない新鮮なサウンドを感じました。

すいません、若干DEQXのコマーシャルっぽくなりましたが(えっ、どこが若干!だとの声も・・・)、楽しめるオーディオ、新しいオーディオ、そして手に届くオーディオがここにありました。

オールドボーイも、ヤングマンも一度は聴いて欲しいと思いました。
それほど遠くない時期にDEQX入りの音も聴いていただけることと思います。
そのときはまたこっそりとこのブログでご案内致します。

いつもの貴方、ありがとうございます。
そこの貴方も、一発押すときっと良いことが・・・
↓↓↓↓↓↓ 
2010-10-26 : オーディオエッセイ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

秋の空・・・・なんか変

つい先日、10月8日にも同じ場所で撮影しました。
今日も朝の6時台とは思えないすっきりした空。
それではと、ススキの穂ときれいな空を撮るつもりでカメラを向けると、なんだか変。

6年前の2004年10月23日(土)17時56分に起きた新潟県中越地震。
まだ現役時代で、いつものように前日の夜軽井沢に帰り、翌日の午前中は前橋の眼科医に女房を自動車で連れて行きました。まだ昼前でしたが、診療が終わって、車に乗り込むときにふと空を見上げると丁度今回のような筋状の雲が北の一点に向けて収束していました。
カメラは持っていませんでしたが、思わず「なんだか変だよ、真北の方角で何かあるかもしれない」と言いながら帰宅しました。
そして夕方、いつもより早めの夕食を5時半頃から食べ始めました・・・すると、グラッ!・・うっ、やばい。
尋常でない揺れが襲ってきました。
残りのご飯をかっ込んで、急いで着替え、6時過ぎの新幹線に飛び乗って渋谷に駆けつけました。

秋の空-1

それを思い出して改めて今日の空を見ると今回は日の出と同じ、ほぼ真東方向に収束している雲の筋。
何もなければ良いがと思いつつ、でもこういう事は後から言ってもまさしく「後の祭り」です。
とりあえずブログに載せておこう・・・・と思っていて忘れました。
もちろん、その日は大きな被害が出るような異常は何もありませんでした。やれやれ。
翌日の17日(日)午後5時19分に茨城県東方沖でマグニチュード4.2の地震が起きましたが、方向だけは一致していますが、特に関係はなさそうです。

秋の空-2

もし、6年前のような地震が起きてももはや渋谷に駆けつける必要はありませんが、地震列島・日本。
いつ何が起きても不思議はありません。天災は忘れた頃にやってくる。備えあれば憂いなし。ですよ。
2010-10-18 : 非日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

少し秋、やっと秋。

ウォーキングコースの仕上げは水源地として保護されている雑木林の真ん中を通り抜けます。
整備された雑木林?の中に四季折々の景色を味わえますが、こんな変な陽気でも季節はやってくるのですね。
少し秋、やっと秋。の一枚です。

2010年秋-4

今日はこれから煙突掃除です。3階建てに近い急勾配の屋根はかなりの恐怖感があります。
無事に生還できるでしょうか・・・
2010-10-14 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

一石二鳥(味覚の秋)

早朝ウォーキングはもちろんそれ自体が精神と肉体の健康という果実を手に入れるための手段ですが、即効的な実益はあまりありません。
今朝はそれが落ちていました。
栗の栗拾いです。
栗収穫
ウォーキングコースの途中に栗が落ちている場所が何カ所かあります。
その内の一カ所では大きな大きな栗が拾えます。

でもいまだに不思議なのは、枝に付いたイガが割れて実だけが落ちたものも、イガごと落ちていて今取り出したばかりのものにも虫が入っていることがあります。というか、半分以上のものは虫に食われています。
とりあえず表面に穴があるものは避けますが、穴がないのに殻を剥くと虫食いだったというものまであります。
ということは最初から虫が入っていると言うことでしょうか???
考えると白髪が増えそうです。

「栗には虫が憑き物」・・・そういえば若い頃からずいぶんと虫に追いかけられましたっけ。
その中の一匹がついに家の中に巣を作ってしまいましたが・・・
お後が宜しいようで。
2010-10-12 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

62回目の誕生日

今日は62歳の誕生日。
朝5時半に起床。6時からウォーキング。

Walking-1
1000m道路に出た途端、緑の林が少しだけ明るく色づいていました。

Walking-2
この2週間ほどは早朝からキノコ取りで山に入る人が絶えません。
道端に捨てられたこのキノコは残念ながら毒キノコだったのでしょうか。

Walking-3
浅間山とススキの穂。

Walking-4
その右側はススキと朝日と秋の空。

今、コーヒータイムで、BLOG更新。
今日は9時半に月に一度のクリニック検診で降圧剤を貰ってきます。
そのまま町立の健康施設「木もれ陽の里」に行ってストレッチ体操とマシントレーニング。
温泉とサウナで仕上げをして帰宅すると丁度お昼です。

血圧経過グラフ
このグラフは2年4ヶ月前からクリニックでスタートした血圧の治療経過です。
毎朝5時50分頃に測定し、月に一度グラフにまとめています。
治療を始める前の7~8年間は、最高が190前後、最低が110前後で推移していましたので、治療の効果は一目瞭然です。
現在は家庭で測った時の正常血圧値である125/80前後に落ち着いています。
昨年の3月11日から始めた禁煙も1年半が経過し、もう大丈夫でしょう。
ストレッチ&トレーニングはいつまで続くか判りませんが、とりあえず週4回ペースで頑張ります。

さあ、今日から62歳。
いつまでも美味しいビールが飲めますように・・・

2010-10-08 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「日常」の心地よさ

先週土曜日(10月2日)、オープン初日の軽井沢紀之鳥ホールで群馬交響楽団のピックアップメンバーによるベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴いてきました。

2~3m先、まさに眼前で演奏される弦のアンサンブルがこれほどの音量でこれほどのエネルギーで迫ってくる感覚はかなり昔のスタジオ録音の時以来、久々に味わいました。

そういえば私の師匠のお一人であるAさんは録音の際、スタジオに行って眼前で演奏される音量をそのままコントロールルームのモニタースピーカーから出そうとした蛮勇の方で、廊下側の扉が少しでも開いていると、100m離れた場所からも聞こえたという逸話の持ち主でした。
確かにHigh Fidelity(高忠実)再生と言う中に音量も含めると「師匠は正しい!」訳ですね。
(今更何を言ってるの、栗ちゃん・・・・と天国から・・・あっ、まだご存命でした。吸いません)

この日の演奏曲目は
ベートーヴェン弦楽四重奏曲第4番 ハ短調OP.18-4
        〃        ヘ短調OP.95「セリオーソ」
        〃        ハ長調OP.59-3「ラズモフスキー第3番」
でしたが、今後は全17曲におよぶベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲を順次演奏していくそうです。

吹き抜けの天井を持つ20畳弱の小振りなホールですが、弦楽四重奏のメンバーと30名の観客が集い、熱気溢れる演奏で、あっという間の1時間45分(休憩20分)でした。

弦楽四重奏
<当日の案内パンフレット>

3日(日)は法事で渋川市まで出掛け、お寺での法要、そして久々にお逢いした妻の兄弟達と想い出話を交わしました。
そして今日、4日(月)の朝6時、雨かと思ったら時々日が差す爽やかな天気になりました。
ウェストバックのカメラを取り出し、今日は「秋」を撮るぞ!と張り切りましたが、いけません。
秋がないのです。

2010年秋-1
帰り道に差し掛かったところでやっと1本。
カラ松に巻き付いた蔦漆が紅葉していました。

2010年秋-2
せっかくなので、ややアップをもう一枚。

2010年秋-3
こちらは桜の葉が紅葉したものですが、例年の勢いがありません。

10年前は-20℃まで下がった冬も、最近は-10℃止まり。
とりあえずは温暖化が顕著ですが、この先どうなるかは全く判りませんね。

それでも、義姉の葬儀や法事を終えて、平凡な日常が戻ってきて、なんだかホッとしています。
さあ、頑張るぞ。
2010-10-04 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。