Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

浄化槽ブロアーの続き

用済みのブロアーを好奇心から分解してみました。
開けてびっくり玉手箱。
少々安っぽいデザインのプラスチックケースを開けると、

ブロアーの1

11年間動き続けたLA-60Aの心臓部が見えます。
実はもっとチャチイ空気ポンプが入っていると思っていました。

ブロアーの2

まるでロケットエンジンのようです。
肉厚のダイキャストフレームが眩しいほどです。

ブロアーの3

心臓部の心臓を取り出すと、

ブロアーの4

中にコイルが見えます。
これに交流電源の半波電流が流れてピストンを吸引します。

ブロアーの5

電流が切れるとピストンについたスプリングで戻ります。
ピストンは1秒間に60回動きます。
11年間に動いた回数は、
60×60×60×24×365×11=20,813,760,000回
208億回です。

Piston

メーカーの構造図を見ると寿命確認溝と言うのがあります。
我が家のピストンからは完璧に消滅しています。
明らかに寿命だったんですね。
ご苦労様でした。

ちなみにこのピストン(2個セット)が8千円前後で手に入ることが判りました。
でも、心臓部を支えているダンパーゴムなども随分お疲れの様子なので、この際、新品交換は正解だったような気がします。
今回購入したLA-60Eは例のショップで29,500円でした。
安永製の同規格品は18,800円で手に入ります。

内部をみたら納得しました。
そして、LA-60EはEconomyタイプで従来のLE-60Aに比べて電気代が10年で3万円も安くなる。
ということは10年で本体分がただになると言うことです。やりましたね。

この計算は何だか変な気もしますが、とにかく、これで安心して寝られます。
スポンサーサイト
2011-02-26 : 日常の出来事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

浄化槽ブロアー交換

壊れない限り、あまり意識に登らない浄化槽。
でも田舎暮らしでは毎日お世話になる重要な設備です。

この手のお話し、前回は給湯器についてお伝えしました。
今回は浄化槽に不可欠なブロワーのお話しです。

1999年8月以来、今日まで使っていたブロアーはLE-60Aという製品です。
これは、浄化槽がクボタ製でその純正ブロアーとしての日東工器製でした。

LE-60A
<日東工器製 LE-60A>
これが、2~3年前からかなりの振動音を発するようになりました。
四隅にスポンジを入れると静かになりますが、数ヶ月で元通り。
次第に大きな振動音になってきて、最近では窓を締め切った室内でも聞こえるようになりました。
いくら何でもこれはひどい!
でも11年以上も全く休み無しで動いていたので無理もありません。
そこで、後継機種選びに入りました。

LP-80HN
隣の友人宅はこのタイプ。

安永エアポンプ株式会社製で音はかなり静かです。
我が家のものと比べてデザインもなかなか、うーん、良いかも。
ネットで浄化槽ブロアーについて調べると実はあまり情報がありません。
そして、どこから入っても同じホームページに辿り着きます。
その名も「浄化槽ブロアー.com」
このページで安永エアポンプを見ると、最初に出てくる解説が・・・

「安永は広く使われていますが、商品の使用状況にもよりますが、
数年で壊れるケースも報告されており、耐久性に疑問があるので
弊社ではあまりお勧めしてません。」

とあります。
凄い!・・・とてもこの製品を売っている店の言葉とも思えません。
でも、アマノジャクな私はこのコピーで少しショップを信用しちゃいます。

LA-80E
<日東工器製 LA-60E>

で、調べていく内に我が家のLA-60Aの代替えはLA-60Eが良いとのこと。とても分かり易いですね。
LA-60Bというのもあったようですが、EconomyのEがついて、電気代が10年で3万円安くなるそうです。
リニアポンプ式とかで、丈夫で長持ち、音も静か・・・だそうです。

これは、今、改めて調べると今までのLA-60Aも既にリニアポンプですね。
と言うことはリニアポンプだから丈夫で長持ちと言っても、10年程度が寿命でしょうか。

後は得意のネットでルンルン、価格調べです。
なんと、結果は全て同じ、「浄化槽ブロアー.com」と一緒です。
そしてこのショップは送料や着払い手数料がないので、結局は割安。
ならば納得。早速、昨日ネットで注文しました。

そして、本日午後2時、やってきました、新人ブロアー君。
早速交換しようとすると、浄化槽からの空気取り入れパイプがやや長すぎます。
鉄ノコで1.5センチほど切り取り、無事に設置完了。
プラグをコンセントに差し込んで電源ON、・・・・
・・・・・あれれ動かない!。真っ青になる栗原君。

いやまてよ・・・・もしかして・・・触ってみると振動が。
あれっ、動いているんだ・・・なんて静かなんだろう。感動の涙が・・・

今から考えると少しオーバーですが、その時は真っ青でした。そして感動でした。

ブロアーは音が大きくなった3年ほど前から、30センチ角で厚さが10センチのコンクリートブロックに乗せていたので台の共振音などはもともとほとんどありません。

それにしても静かです。
いやーーーーー、これまでは何だったんだろう。
音が聞こえないので動いているかどうか不安になりますが・・・
まるで電気自動車のようですね。

今回の件でもう一つ判った事は、製品の良否を外見で判断してはいけないと言うことです。
そして、本当に良いものはそれなりにコストも掛かっているということを改めて実感しました。

「浄化槽ブロアー.com」さん、ありがとう。
この製品の本当の良否は10年後にご報告します。

2011-02-25 : 日常の出来事 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

ご無沙汰です。

16日以来のブログ更新となりました。
たまっていたヒマネタをご紹介します。

まずは、17日のウォーキングで見かけた例の建築現場です。

Walking_110221

コンクリート造りの1階部分が寒さに耐えて固まったのか、2階部分に取りかかったようです。
2階は木造ですね。

話題変わって、19日(土)はNHK時代の大先輩が来宅。

1979年パリ

真ん中の方が来宅された大先輩のS氏。
左側の方はジャズのミキシングエンジニアの大御所、及川公生氏。
そして右端が私ですが、当時31歳、若いですね。
1979年1月19日、パリの録音スタジオ前で撮影。

この当時、私と大先輩はビッグショーという番組を担当していました。
その時の音がレコードになっています。

ビッグショー_1
<1978年、NHKホールで収録>
フランク永井さんの唄と沢田雅美さんとのトーク。

ビッグショー_2

裏面には曲目紹介と、スタッフのクレジットが入っています。
緑色の枠を拡大すると・・・

ビッグショー_3

かろうじて名前が見えます。

翌日の20日(日)には某名古屋方面のオーディオメーカーの社長とエンジニアリングマネージャが来宅。
朝9時半から午後5時まで、熱いオーディオ議論を戦わせました。

そして、今日は若干のんびりムード。
地下室で真空管アンプの音質改善工事をしていました。

以上、ヒマネタでした。すいません。
2011-02-21 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

霧氷とつららとATOKと・・・

一昨日、昨日とつららの写真を載せました。

霧氷-1

今日はつらら+霧氷です。

霧氷-2

霧氷は結構複雑な気象条件が揃わないと表れません。

霧氷-3

今朝は「雪景色と霧氷とつらら」の三重奏、まるで私の心のように白一色の世界です。
(面の皮も三重奏だろうって・・・当たりです。)

ここからが今日の本題です。

ATOK_Logo-2

昨夜、ATOKの新製品 2011 を購入しました。
大辞林やジーニアスの英和、和英辞書が付いたプレミアム版です。
ダウンロード版が一番安くて8,400円でした。

ATOKは日本語FEP(フロントエンドプロセッサ)としては常に最高のパフォーマンスを維持してきたソフトだと思います。
1985年にワープロソフトから独立して使えるATOKが出て以来、PC-9801やMac時代も含めて25年以上も使い続けてきました。
最近はATOK2007を使っていましたが、もう完璧でこれ以上の進化は無いと思っていました。
ですから、2011版の案内が来てもあまり感心はありませんでした。

昨夜、寝る前にウィスキーをちびりながら、捨てようかと思って手に取ったパンフレットに引きつけられました。
国語、和英、英和辞書がFEP内で使え、しかもWeb経由で翻訳まで出来る。
これってなに!!!

今まで、辞書は「goo辞書」、翻訳は「Excite翻訳」などの専門サイトを立ち上げて処理してきましたが、もしかするとこれらがメールや文章を書いている中で全て処理できるとすれば最高です。
変換機能などはあまり変わらないとしても、辞書だけでも価格分の価値ありと判断して購入に踏み切りました。

まてよ、栃木のユーザー様は「全ての機能が使えなくても3Wayのチャンデバと思えば安い買い物だ!」と。
そして札幌のユーザー様も「全ての機能が使えなくても高品位なEQと思えば安い買い物だ!」と。仰有っていました。

良く判らないものを買う場合、その機能の全部ではなくても、支払ったコストに見合う部分があれば購入に踏み切れると言うことですね。なるほど、これは実感であり、教訓ですね。

高音質なプリアンプと、高性能な3Wayチャンネルデバイダー、フィズリニアで自在な設定が可能なマニュアルEQ、そして驚異のSP補正とRoom補正プロセッサと音響測定機能、これだけ入っていて○○万円・・・・一つの機能だけでも安い!(自画自賛でスイマセン)

話を戻してATOKの新製品です。
ダウンロード版の購入はネットで申し込んで、ネットバンク経由で支払うと5分後には手に入ります。
凄い世の中ですね。
解凍したファイルは全部で1GBありますが、ダウンロードは一回限りとのことなので直ぐにDVDにバックアップ。
10分後にはインストールが終わり、じっくりと使い心地を検証。

あれ!和英辞書が出ない・・・多分ウィスキーのせいだ!
ここでやっとマニュアルを見ます。
うんうん、なるほど、辞書のインストールが必要なのだ。
Web経由の翻訳も設定が必要、なるほど、なるほど。
面倒だ、全部インストールしよう。

30分後には全ての機能が全開状態。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑このセンテンスが一発で次の英文に変換されます。
All functions are fully opening states 30 minutes later.

最近、Google翻訳なども出てきてほぼリアルタイムに変換されますが、私が見ても変な翻訳が多く、まだまだですが、ATOK翻訳は既に実用レベルですね。

機能が多すぎて一晩では覚えきれませんが、正直言って凄いです。
There are too many functions and cannot finish learning it in a night, but original frank talk is great.

Your system waits for DEQX.

これはATOKが勝手に作った文ですよ。
良い子ですね。ATOKは。


----------と、その時、1階にいる女房から悲鳴が・・・・

恐怖のつらら-1

デッキの日除けテントに穴が開いたよーーー。

恐怖のつらら-2

叫び声を聞いて飛んでいくとそこには思わぬ光景が・・・・
直ぐにカメラを取ってきてパチリ。

あなたが何を連想しようと勝手ですが、これは誰が見てもツララです。

それにしても太いなーーーーーー。

2011-02-16 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

冬眠します。

申し訳ありません。
Kurizz-Laboはしばらく冬眠します。

雪_110215-1

昨日の午前中は良い天気でした。つららの成長を見守りつつ、時に集団落下の音も聞こえてきました。
午後は曇りとなり、3時頃ぎからは細かな雪が降ってきました。
昼過ぎに来客があり、午後5時頃に信濃追分駅にお送りした際には既にかなり降っていました。
午後8時頃に雨雲のレーダー画像を見ると巨大な雲の固まりが迫ってきています。
この時点で女房には「明日の朝までに15センチは積もるよ」と宣言しました。

雪_110215-2

朝起きると場所によっては30センチ近い積雪にびっくり。
BS放送は受信不能。ANTレベルが通常は80程度でしたがこのときは5まで落ちていました。
パラボラに雪が付着したのでしょう。

Snow_110215-3

鳥さん達は元気ですが、Kurizz-Laboの試聴室、事務所、工場、住居は雪に閉ざされてしまったため、しばし冬眠します。
珈琲を飲みながら内田光子のモーツァルトを聴いて春を待つとしましょう・・・
2011-02-15 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

つらら、つらら、つらら

何年ぶりでしょうか。
珈琲豆を焙煎しようとデッキに出ると足元に丸い氷の棒が落ちていました。

もしかして・・・・ふと見上げると

つらら-1

立派なつららが成長していました。

つらら-2

このブログを書いている最中にドドドドドーーーーー!
と、凄い音が聞こえてきました。

直射日光を浴びて一斉に落ちてきたのでしょうね。
既に焙煎を終えていた私は危うく難を逃れました。
もし頭に落ちてきたらクッションが相当薄くなっているのでダイレクトに地肌に来ます。
クワバラ、クワバラ。
2011-02-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

注目のレポートです。

先頃、DEQXを導入されたYT氏宅のシステムを測定したレポートをいただきました。
測定したのはYT氏も所属する音響研究会というグループの方です。
DEQXを販売している私自身が目から鱗が落ちる内容です。

YT氏のシステム

是非ご覧下さい。
2011-02-12 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

雪、雪、雪、

軽井沢は20cmほど積もりました。
この冬一番の積雪です。

雪-1

朝の6時半頃、日の出直前の玄関前。

雪-2

気温はマイナス5~6℃で、雪はサラサラの状態。
7時を過ぎると太陽の光で枝に積もった雪が雪崩を起こし、大きな雪煙を巻き上げます。

メジロ-1

話は変わりますが、昨日の夕方、ついにメジロ君の婚活が功を奏してカップルが誕生。

メジロ-2

どこにでもドジな男がいるものです。一人寂しく・・・
でもメジロが目を閉じるとこれが本当の目白です!

Snow_110212-3.jpg

ブログを書いている最中に(8時半)に除雪車がやってきました。

それでは、この続きはまた明日。
2011-02-12 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

雪です。銭湯です。ジェルソミーナです。

8日(火)、ちょっと大きな荷物を持ち上げたときに腰をひねって軽いギックリ腰になりました。
9日(水)、様子見で、とりあえず我が家の風呂にのんびり30分浸かりました。
10日(木)、調子がよいので久々に車で15分の星野温泉にあるトンボの湯に行きました。
トンボの湯だけトンボ返りで利用する人は朝10時から入れます。

トンボの湯-1

10時01分、入り口にはすでにちらほらと人影が・・・

トンボの湯カード

受付でメンバーズカードを出すと通常1,200円の入浴料が500円になります。

トンボの湯-2

右が「女湯」で左が「男湯」

トンボの湯-3

迷わず右側の建物に入ります。
記憶力の良い方はもうお判りですね。本来は左側なのです。

男湯

扉を開けて脱衣場に入るとそこは天国!。ちゃうちゃう。

そこは北京か上海か、はたまたソウルか・・・・
既に3~4人はスッポンポンで、4~5人が脱いでいます。
日本語は聞こえません。
あらら、やっぱり入り口を間違えたか・・・

こんな季節、こんな時間、こんな場所に。
でも裸になれば皆同じ。持ち物だって皆同じ・・・あれっ、最近日本は小さくなってきました。
露天風呂に30分、サウナに10分、また露天に20分。でいっちょ上がり。
----------------------------
ここからは建国記念の日、つまり今日です。

ウォーキング_110211-1

うっすらと雪化粧した1000m道路をひたすら歩きます。
ふと見ると、別れ道が・・・真っ直ぐ行くべきか、それとも右に・・・右は女湯だった。

ぼくの前に道はない、ぼくの後ろに道は出来る・・・間違えました。
ぼくの前に足跡はない、ぼくの後ろに足跡は出来る・・・当たり前田のクラッカー。
(こんな日の朝6時にこんなところを歩いているバカは一人だけでした。)

ウォーキング_110211-2

迷わず真っ直ぐに進むぼく。どこまでも続く果てしない道が・・・

MJ_2011_03.jpg

10日、昨日発売されたMJ誌です。
P.135「同軸2ウェイホーンドライバー導入記」[第1回]
これは面白い・・・立ち読み現金。

2011-02-11 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

伊豆からの帰り道

行きがないのに、もう、帰り道?
そうなんです。
行きは「DEQX User's Report」で「近日上映」予定です。

1月10日のブログに伊豆でDEQXのデモをしたお話を載せました。
そして、聴かれたたお客様は早速導入を決定。
お待たせすること約3週間、2月6日(日)に納品となりました。
その翌日のお話しが今回のテーマです。

納品日の設置調整などは午後5時までに全てを完了。
お客様とその友人、そして、今回DEQXを販売していただいた出水電器の島元社長と私の4人。
デモの時も盛り上がったHawaii料理店(私の宿泊したホテルの1階)へ繰り出しました。

もちろんオーディオの話、薪ストーブの話等々で話はとどまることを知らず、あっという間に5時間が過ぎたことは共通の趣味がなせる技かなと思います。
午後10時、お店の生ビールを一人で平らげた島元さんをお客様が車でお送りし、私は4階のホテルルームへ。

そして翌日、お店のビールを平らげた島元社長とは違って私は6時半にすっきりと目覚めました。
カーテンを開けると真正面に富士山が・・・素晴らしい。
バイキングの朝食をしっかり食べて9時にチェックアウト。
ホテルの受付嬢に聞いて、車で5分の「食遊市場」に行きました。

食遊市場外観
<遊食市場>
ここは小売店の方が買いに来るという食料品市場で、前日に島元さんから聞いていました。

食遊市場内部
<遊食市場の店内>
凄い!。周りは工業団地のような雰囲気の何もない場所に、アメ横の店を拡大したような感じの市場です。

食遊市場-乾物屋さん
<乾物専門店>
個人宅で使うにはやや分量が多すぎる感じですが、安い!

食遊市場-魚屋さん
<魚貝類専門店>
そして今回お目当ての魚の干物を売っているとおぼしきお店を見つけました。
店内を見回ると、発泡スチロールの箱に一杯入った品々が所狭しと並んでいますが、よく見ると必要な分量だけ買えるような雰囲気もあり、ホッとしました。

食遊市場-魚屋さん-2
<魚貝類専門店-2>
沼津港で上がったものでしょうか、新鮮な魚たちが並んでいます。

食遊市場-魚屋さん-3
<魚貝類専門店-3>
そして店内を探すこと3時間(ウソ、3分です)。
ありました目当ての干物類が。
でも、最初に目に飛び込んできたのはスチロールの箱に入ったアジの干物で、1ケース15枚ほどで980円。
よほどこれを買ってしまおうかと思いましたが、いくら何でも二人では食べきれない。
毎朝毎朝、アジの干物も辛かろう・・・・

奥を覗くと小分けの品物が陳列ケースに並んでいます。
やれやれ、でもアジの開き2枚をどうやって買えばよいのか、悩んだ末にちょうど通りかかった美人の若奥様に聞いてみました。
「お兄さん大丈夫よ、店のおじさんを呼んで注文すれば必要なだけ包んでくれます」との暖かいお言葉。
沼津って良いところですね。

極上物と普通のアジの干物を2枚ずつ。大きな鯖の醤油干し、いかにも美味しそうな塩鮭の切り身を2つ。
以上合計1,240円。財布の中の5千円札を握っていた私がバカでした。
往復10時間掛けても買いに来る価値がありそうです。
そうだ!、島元さんにお願いしよう。このあたりでもう2~3台DEQXを売って下さい。

牧場で休憩
<帰り道-その1>
帰りは気ままな一人旅。
カーナビ君の言うがままに沼津ICから東名に乗り、富士ICから一般道へ。
西富士道路を通って、139号線をひたすら走ります。
その途中で一休み。実はカーナビ君が前回も教えてくれた道で、牧場が行き詰まって(違うかな・・スイマセン)おしゃれなお店を出しているのは見ていました。
そこで今回は立ち寄ることに。

お店にはいると可愛い店員が一人暇そうにしています。
「抹茶のジェラートが欲しいけど、どの券を買えばいいの・・・」と、白々しく聞くオジサン。
「シングルで良ければ一番上の、シングルジェラートの券を買って下さい。」
「入れ物はコーンで良いですか・・・・」

見ていると、これ以上は詰められないほどまずはコーンに抹茶のジェラートを詰め込みました。
そして、これ以上は無理だろうというほど積み上げています。

お嬢さん、暇だからって・・・お兄さんはそんなには食べられないよ。
(買ってしまったホットコーヒーはどうしましょう・・・・・)

富士山
<富士山という山です>
必死で抹茶のジェラートを食べながらふと窓の外を見ると・・・そこには見事な富士山が。

午後2時過ぎ、睡魔と戦いながら、何とか無事に我が家にたどり着いた栗原さんでした。
(おかしい!! 午後10時に寝て6時半起床なら睡眠は十分でしょ・・・何やってたの)
2011-02-08 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。