Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

iPhone用SPの音質に決着が!

パナソニックのiPhone用スピーカー:SC-HC05を取り上げたのは昨年の12月17日でした。

このSC-HC05はパナソニックを信じてネットで購入。
その結果は、抜群のデザイン最悪の音質でした。

実はSONYからも同様の低域増強型スピーカーが出ています。
テクニクス時代からのライバル意識は今も健在だったようです。

私の場合iPhoneで寝るときにラジオ深夜便を聞くのが日課です。
そんなとき、音楽は何とか聞けるのですが、明瞭度は最悪。
特に男性アナはしゃべりの内容が全くが聞き取れません

業を煮やして、この製品の売りである低域増強装置を次々に取り去ってきました。
最初は68Hzで共振する4個のドロンコーンの内、前面の2個を稼働停止に。

まあまあの改善でしたが、まだNG。
次に今年の1月23日、裏側にある残りのドロンコーン2個も鉛板で稼働停止。
この状態で一月ほど使っていましたが、まだだめ。

意を決してスピーカーを交換することにしました。

Panasonic SC-H05改善-1
<Time Domain Miniのユニット>

似たようなサイズのユニットを探して組み込むことにしました。

Panasonic SC-H05改善-2
<オリジナルとの比較>

仮付けして音を聞くと明瞭度が大幅に向上。これは行ける!
でもサイズが違うので取り付けアダプターを製作。
5ミリ厚の品ベニヤを加工した作ったけど2ミリ高くて収まらない。

万事休す。

今回の改修でだめなら本体を捨てる覚悟でした・・・・
でも、なんか変。
Time Domainのユニットでもかなりの低域振動が出るのです。
低音増強の仕掛けはユニットとドロンコーンだけではなく、アンプにもありそうです。
早速スピーカーの代わりに4Ωの抵抗をつないで特性を取りました。

周波数特性
<68Hzで20dBもの増強>

見事です。褒めちゃいます。
ドロンコーンの共振点と一致させたローブースト。
20dBということはパワーで100倍。
使われているデジタルパワーアンプの出力は20W+20Wと強力。
このパワーが必要な理由はここにありました。
100倍のパワーをぶち込み、4個のドロンコーンで増強。
内容席1リットル程度の箱から超低域を叩き出す工夫は見事です。
(4つのドロンコーンででドロドロの低音は最悪ですが・・)

原因が判れば対策も。
既に全てのドロンコーンは活動を休止しています。
後はアンプで増強された低域をカットすれば良いはずです。
とりあえずアンプとSPユニットの間にコンデンサーを入れます。
音を聞きながらカット&トライで調整。

ん、なかなか行ける。
スピーチの明瞭度だけなら22μFがベスト。
でも音楽の低音がやや不足・・・・・・・
結果は22+22=44μFでドンピシャリ。

この時の周波数特性を図ると図の青線となりました。

Panasonic SC-H05改善-3
<底部から引き出した結線箇所>

コンデンサーはバイポーラ型(無極性)の22μFを2個パラ使用。

Panasonic SC-H05改善-4
<最終調整後には内蔵します。>

かくして、2ヶ月掛かったベッドサイド用SPシステムのチューニングは完了です。
今夜からはすっきり爽やかにiPhoneの音を楽しむことができます。
でも、なんと疲れる製品なのでしょうか。
やはりこの手は音を聞いて買わないと大けがをするようです。

おやすみなさーーーーーい。
スポンサーサイト
2012-02-25 : オーディオエッセイ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

聴覚心理学概論-その4

一昨日、2週間ぶりなのに変化がないので内装工事だろうと言った直後。
外壁の仕上げが始まりました。

2月24日_Jogging
<塗装始まる!>
なるほど!、建物に似合った良い感じの色ですね。
でも明日はまたまた雪ですので続きは・・・・
えっ、雪!、と言うことはまたまたJoggingは中止ですね。
===============================================
さて、今回は「聴覚心理学概論」-その3の後編です。
 (前説)・・・・・・・・・前回掲載。
 A 物理特性の解釈・・・・前回の続きです。
 B アンプ
 C スピー力
 D カートリッジ(Pickups)
 E ターンテーブル(Turntables)
 F カセットプレーヤとレコーダ(Cassete players and recorders)
 G コンパクトディスクプレーヤとディジタルオーディオテープデッキ(DAT)
 H スピーカケーブル(Loudspeaker cable)・・・・[掲載済み]
 I 結   論
================================================
(文字を大きくするには「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを何度か押して下さい。「Ctrl」+「0」で標準。)
--------------------------------------------------------------------------------
A 物理特性の解釈
長文で判りにくい文章ですが、やや注目です。

●ひずみ
 ほとんどのコンポーネントは多かれ少なかれ信号をひずませる。
 通常、ひずみは入力になかった周波数成分が出力に現れる比率として表示される。
 残念ながら、ひずみがどの程度聞こえるのかは必ずしも簡単にわかるように表示されるわけではない。
 最も一般的には高調波ひずみ率を示す方法が取られる
 ある特定の周波数の純音がコンポーネントヘの入力として用いられる。
 もしそのコンポーネントが信号をひずませれば出力は正確な正弦波ではなくなるが、入力と同じ繰り返し周期をもつ規則的な波形になるはずである。
 この規則的な波形は(入力された正弦波と同じ周波数の)基本周波数成分と一連の高調波成分として表すことができる。
 基本周波数の振幅に対する第2次高調波以上の高次の高調波の振幅の総和の比率(%)が「高調波ひずみ率」と呼ばれるものである。
 高調波ひずみ率から高調波ひずみがどの程度聞こえるかは単純に予測できるわけではない。なぜならば、ひずみの可聴度は高調波成分間のエネルギーの分布に関わるからである。
 もし、ひずみ成分のエネルギーがおもに第2次と第3次高調波にあればそれらの成分は基本周波数によってある程度マスキングされてしまう。
 さらに、もし信号が音楽であればいずれにせよそのひずみ成分は入力信号の中に通常含まれる高調波によってマスキングされるであろう。
 このような場合、2~3%のひずみは気づかれないことが普通であろう。
 逆にもしひずみ成分が高次の高調波であればこの成分はずっと簡単に知覚され、そして主観的にはより不快な感じになるであろう。
 このような場合、ひずみ率は約0.1%以下にすべきである。

 ひずみを測定する方法としてコンポーネントに周波数の異なる二つの音を入力して出力を調べ、入力に含まれない周波数成分の振幅を測定する方法もある。
 高調波ひずみと同様に、ひずみ成分の振幅はもともと入力された音に対する比率として表されることが普通である。
 各音はそれぞれ高調波ひずみ成分を生じるが、それに加えて二つの音の非線形的な相互作用によって生じる周波数成分も見られる。
 もし、入力した音の周波数がf1とf2であれば「結合」成分はf1-f2、f1+f2、2f1-f2、2f1+f2のような周波数について生じるであろう。
 このタイプのひずみは「相互変調ひずみ(intermodulation distortion)」と呼ばれる(聴覚機構も同様のひずみ成分、特に2f1-f2を生じることに注意。第1章、第3章、第5章を参照)。
 さらにここでも高調波ひずみと同様、記載された相互変調ひずみの比率から通常の聴取条件において、それがどの程度聞こえるのか予測することは難しい。
 メーカーによって表示されている図は測定のために使われた周波数と相対レベルによって変わってくるからである。
 一般に、相互変調ひずみは高調波ひずみよりも簡単に聞こえるが、0.5%以下のひずみでは検知されにくいと考えられる。

雑音
 コンポーネントの多くは信号にある程度望ましくない雑音を加える。
 この雑音は普通、低い周波数成分のハム(交流電源の周波数に関連する)と高い周波数のヒスとなって現れる
 この点についてのコンポーネントの性能は、比較的高いレベルの信号を入力したときの出力電力と、ハムと雑音だけのときの出力電力の比として表される。
 この比率は、普通、デシベルで表示される。
 ときには、ハムと雑音はそれぞれ異なった周波数に対する耳の感度を反映するように「重みづけ」られることがある。
 これは第2章で論じたような騒音計で用いられる重みづけにやや似ている。
 そして、これは普通より高い信号対雑音比(S/N比)を示すことになる。
 重みづけなしで70dB、有れば80dBの比率があればほとんどの目的には十分であるが、音源のダイナミックレンジが非常に大きい場合(CDに見られるように)もう少し高い方が望ましい。

文中の下線は私が注目した部分です。
--------------------------------------------------------------------------
私の感想

・高調波ひずみ率
 一部の真空管アンプなどを除けば問題となるようなアンプは売られていないと思います。

・相互変調ひずみ(混変調ひずみ)(ここに専門的な解説があります。
 こちらは問題がないとは言えないと感じています。
 強烈な低音と繊細な高音を1台のアンプで増幅する場合の安心できる性能は?
 いっそのこと、別々のアンプで増幅したら大きく改善できそうです。

・雑音
 「ノイズが出ているくらいの方が元気の良い音がする」と、豪語される方がいます。
 「停車中に、振動したり揺れたり大きな音がする自動車の方が早く走れる」は正しいでしょうか?
 「停車中にはエンジンが動いているかどうか判らない車」が私は好きです。
 そして、走り出したら胸のすく加速と高速安定性と静かさの絶妙なバランスが必要です。
 (でも、HVやEVカーがほとんどになる20年後には意味すら通じない時代となるのでしょうか。)

 ※雑音の問題はアンプだけでは解決しません。スピーカーとの相互関係です。
  特にアンプとスピーカーの関係を適切にすることが良い音への第一歩だと考えます。
-----------------------------------
・次回は「アンプ」です。
 今日はここまでとします。

2012-02-24 : パンドラの箱 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

聴覚心理学概論-その3

2週間ぶりの早朝ジョギングです。
気温も今朝は-3.2℃ととても暖かくなってきました。
恐怖の氷結道路も多少は緩んだことを期待して・・・

2012年2月22日-1
<3,980万円>

買うなら円高の今ですよ!(なんのこっちゃ)

2012年2月22日-2
<ヌヌ、地デジアンテナが!>

内装工事中でしょうか。2週間ぶりですが外観はあまり変化がありません。

2012年2月22日-3
<5分で帰宅というのに>

明日の夜から春の雨が降るとのこと。
この雨が残雪をクリーニングしてくれることを期待しましょう。

2週間ぶりのジョギングは早々に息切れ状態となり、毎日続けることの大切さを痛感しました。
でも、久々に冷たい空気を胸一杯吸い込み、良い汗を流した爽快感はやはり良いものです。
===============================================
さて、今回は「聴覚心理学概論」-その3、です。
 (前説)・・・・・・・・・前回掲載。
 A 物理特性の解釈・・・・今回です。
 B アンプ
 C スピー力
 D カートリッジ(Pickups)
 E ターンテーブル(Turntables)
 F カセットプレーヤとレコーダ(Cassete players and recorders)
 G コンパクトディスクプレーヤとディジタルオーディオテープデッキ(DAT)
 H スピーカケーブル(Loudspeaker cable)・・・・[掲載済み]
 I 結   論
================================================
(文字を大きくするには「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを何度か押して下さい。「Ctrl」+「0」で標準。)
--------------------------------------------------------------------------------
A 物理特性の解釈

●周波数応答特性

 振幅が一定で周波数が異なる正弦波をコンポーネントに入力することで測定される。
 周波数とは無関係に同じレベルで再生されることが理想的である。
 しかし、再生できる周波数範囲には限界があり、しかも範囲内の応答特性が平坦でない可能性もある。
 スピーカーなら周波数応答特性が50~15000Hz±5dBであれば手ごろな製品といえよう。
 これは、50Hzから15000 Hz の範囲で音圧レベルが10dB以上変化しないことを意味する。
 周波数応答特性の二つの側面が知覚と関連する。
 一つは、全体的な周波数範囲である。応答特性を30Hz以下にまで広げる意味はほとんどない。
 なぜなら、音楽にはこれより低い周波数のエネルギーはほとんどないからである。
 そして、いずれにせよ一般の家庭で30Hz以下の周波数を再生することは非現実的である。
 高域については、20kHzあるいはそれ以上まで聞くことのできる人もいるが(※1)、ほとんどの人は16kHzになると語音(Kuri注:言葉を組み立てている音、言語音。)や音楽に高域をカットするフィルタを通したとしても、その影響を検知することはできない(Ohgushi,1984)。
 もしその違いを聞き分けられたとしてもフィルタを通したからといって音質が劣下することは決してない

 したがって、周波数応答特性が30Hzから16000 Hzあれば高忠実度再生には十分である。
 周波数応答特性のもう一つの重要な側面は、その平坦さである。
 もし、周波数応答特性に大きなピークやディップがあれば再生音に「色付け]を与える。
 音響心理学的な研究によれば、理想的な状況において被験者は、ある周波数領域に比べて別の周波数領域のレベルが1~2dB高く、あるいは低くなっただけでスペクトルの形状の変化を検知することができることが示唆されている(Bucklein、1962;Green、1988: Moore et al.、1989)。
 したがって、周波数応答特性が±1dB以内に平坦であれば、完全に平坦な応答特性との違いを検知することはできない。
 周波数応答特性で着目すべき重要な特徴をまとめると次のようになる。
 理想的には30Hzから16000Hzの範囲で応答が±1dB以内に平坦であるべきである。
 40Hzから14000 Hzの範囲で±2dB以内に平坦であってもまだ大変良い特性であるといえるであろう。

(以下、歪みと雑音の話は次回に。文中の下線は私が注目した部分です。)
--------------------------------------------------------------------------
※1
高音域の識別能力については2004年にNHK技研が改めて調査をしています。
そのレポートの原文(英語版)で公開されているので、ご覧下さい。
またこのレポートの解釈をしたページ(信頼性は高いと思われる)もあるので参考にして下さい。
--------------------------------------------------------------------------
今回の内容はかなり衝撃的な事実を含んでいると思います。

理想的には30Hzから16000Hzの範囲で応答が±1dB以内に平坦であるべきである。

もしこの条件をスピーカーシステムで達成するとなると極めて困難であることは確かです。
私が6年間、実際に測定させて頂いた多くのSPシステムの中で、唯一、この条件に近かったのは

YG    YG_Acoustics_ANAT_III
  <YG ACOUSTICS ANATⅢ>

YG測定-2 ← くらいでした。

20年以上も前の1989年(平成元年)に書かれたこと、さらにダイナミックスピーカー100年の歴史の中で、最も基本的な要件のクリヤーが、今、少しづつ、実現してきたとも言えそうです。

そして次はスピーカーの「位相特性」について「C スピーカ」に出てきますが、これがまた・・・・

つづく・・・・


2012-02-22 : オーディオエッセイ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ご無沙汰です。

2月8日以来、10日ぶりの書き込みとなりました。

2月8日の前日、暖かい雨で半分溶けた雪が車輪でこねくり回され、翌朝には再び凍結。

2月8日の朝はガタガタでツルツルの道をおっかなびっくり。

JoggingをWalkingに変更しましたが、それでも転倒の危機が数回訪れました。

骨折して入院!というブログは書きたくないので、それ以来、Walkingも中止。

その後の一週間はMJ用の原稿を書きながら厳冬の軽井沢でひっそりと暮らしていました。
----------------------------------------------

笹と霧氷
<風呂場の景色、笹の葉>
「冬こそ我が季節」と頑張る笹の葉が霧氷で薄化粧。

----------------------------------------------
そのMJ用原稿も昨日(17日)、無事に脱稿!

久々にのんびりムードで目覚めた今朝も気温はしっかり-9℃。

午前中のトレーニングジムから帰った昼時でも外気温は-2℃。
--------------------------------------------
さて、前回のブログで「聴覚心理学概論」という本の一節「スピーカーケーブル」を掲載しました。

すると、絶対に「2つ」以上はなかった拍手を「6つ」も頂きました。(6人も・・・感動!)

そこで図に乗って続きを・・・・

聴覚心理学概論」全9章の中の最終章「音響心理学の応用

その中の「3.ハイファイ装置を選ぶに当たっての音響心理学的考察」から順にご紹介します。

前回の「H.スピーカーケーブル」はフライングで「3.ハイ・・・」の中の最後の方の一節でした。

今日からはその「3.ハイ・・・」を頭から順にご紹介して行きます。

あまりにも長い文章は意味が損なわれない範囲でカットして掲載しますのでご了承下さい。

(文字を大きくするには「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを何度か押して下さい。「Ctrl」+「0」で標準。)
-------------------------------------------------------------
 ここ数年の間、音響再生機器の販売はかなり伸びてきた。(注:1989年出版))
 同時にメーカーは、「より良い」アンプ、スピーカ、コンパクトディスク(CD)などを生産しようとお互いに競いあってきた。
 あいにく「良い」についての基準は必ずしもはっきりと定義されているわけではない。
 そして、たいていの場合、どの程度技術的な仕様を良くすれば、実際に関いてわかるほど再生音を良くできるかについて検討することには、ほとんど努力は払われて来なかったのである。
 ここでは高忠実度再生の目的をレコードの制作者や演奏家の意図にできるかぎり近い音の再生と定義する。
 これゆえ、再生の忠実度や精度といった点を強調する。
 どんなに高忠実度(hi-fi)の再生システムであっても、数多くのコンポーネントから成り立っており、これらの各々がさまざまに信号を変えてしまったり歪ませたりする可能性がある。
 普通のシステムコンポーネントには次のようなものがある。
 レコードプレーヤ(カートリッジ、アーム、ターンテーブル)、CDプレーヤ、カセットデッキ、アンブ、スピーカ(たいていは二つ)である。
 これらはそれぞれ単純にあるいは複雑に信号をひずませる。
 そして、どんな種類のひずみがあったとしても、再生系全体としての性能は最も弱い部分の性能によって決まる。
 次の項では、ステレオコンポーネントの性能を表示する方法から考察を始め、これらの表示と知覚に関連する指針をいくつかあげる。
 次に、再生システムの主要な各コンポーネントについて考察する。そこでは、そのシステムの再生に最も重要であると思われる性能の側面を強調する。
(下線は私が注目した部分です。)
---------------------------------------------------------------
 この後、

 A 物理特性の解釈
 B アンプ
 C スピー力
 D カートリッジ(Pickups)
 E ターンテーブル(Turntables)
 F カセットプレーヤとレコーダ(Cassete players and recorders)
 G コンパクトディスクプレーヤとディジタルオーディオテープデッキ(DAT)
 H スピーカケーブル(Loudspeaker cable)[掲載済み]
 I 結   論

と続きます。
2012-02-18 : オーディオエッセイ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月3日、気象庁は-17.9℃

2月2日に「とにかく冷えますが・・」と書きました。

その翌日、我が家の温度計は

2月3日朝
<2月3日朝>

ベッドサイドの温度計が外気温-15.3℃、室内温度16.2℃と表示しました。
この温度計では気象庁の発表値よりも常に2~3℃異なる値が観測されます。
この日、今年の冬で一番低い温度となりました。

2月6日朝
<2月6日・月>

朝の気温は-4.6℃。
完成まで眺めてきた建売のログハウスは静かに買い主を待っています。
土地300坪、建物は126.13m2で、3,980万円だそうです。
お一つ如何ですか。
------------------------------------------------
さて、前回のブログで「聴覚心理学概論」という本を取り上げました。

第1章 音の性質および聴覚系の構造と機能
第2章 音の大きさの知覚
第3章 周波数選択性、マスキング、および臨界帯域
 ・
 ・
読めば読むほど・・・・目から鱗です。

そして最後の第9章の中には例の「ハイファイ装置を選ぶにあたっての音響心理学的考察」があります。
この項目の中で結論の一つ前にあるスピーカーケーブルについては次のように書かれています。

H スピーカケーブル(Loudspeaker cable)

アンプとスピーカの間に特別なケーブルを使うことによって再生音の音質を良くすることができると主張するメーカーがいくつかある。
ケーブルの抵抗を低くすることによって最良の状態で働くようになるスピーカがあるということは事実である。
しかしこれは、特別なケーブルを必要とするということを意味するわけではない。
もし長いケーブルを使うなら全体の抵抗が約0.5Ωを超えない程度に太くするべきであるということを単に意味するだけなのである。
特別なケーブルが「豊かな低音」だの「輝かしい高音」などを再現できるというような宣伝は無視しなさい。
そのような主張には何の根拠もないからである。


B.C.Jムーア著 大串健吾 監訳 「聴覚心理学概論 誠信書房 より。

強烈な一文!

パンドラの箱を開けた?、それとも見てはいけない本だったのでしょうか・・・

この本は1989年に出版されたものですが、皆様はこの文章をどのように思われますか?


2012-02-08 : パンドラの箱 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

とにかく冷えますが建築は進みます。

DEQX Clubというコミュニケーション広場で紹介した本がやってきました。


聴覚心理学-1

「聴覚心理学概論」と「音は心の中で音楽になる」という2冊です。

聴覚心理学-2

「聴覚心理学概論」(全337頁)の最後の方、318頁に気になるタイトルがありました。

<ハイファイ装置を選ぶにあたっての音響心理学的考察>という文章です。

このタイトルで書かれている項目は、

・物理特性の解釈
・アンプ
・スピーカー
・カートリッジ
・ターンテーブル
・カセットプレーヤとレコーダ
・コンパクトディスクプレーヤとディジタルオーディオ
・スピーカーケーブル
・結論

となっています。
時代を感じさせる項目もありますが、基本は昔も今も一緒・・・ですよね。
何が書いてあるのか、気になります。

この本を書いたB.C.J.ムーアという人は
Brian C.J.Moore
1968年 英国ケンブリッジ大学卒業
1971年 ケンブリッジ大学にて博士号取得(実験心理学)
1995年 ケンブリッジ大学教授
2002年 ロイヤルソサエティーフェロー
    ケンブリッジ大学の実験心理学学部門教授として、
    聴覚の心理学的研究を精力的に行っており、アメリカ
    音響学会誌等に約300編の原著論文を発表している。
    ギター奏者と合唱を趣味とする温厚な紳士である。
と書かれています。

こんな(凄い)人が・・・・ハイファイ装置になにを語り、何を求めるのでしょうか。

少しずつご紹介していきたいと思います。
---------------------------------------------------
1月29日
<1月29日朝>

こちら側の外壁は完成。

2月2日
<2月2日朝>

反対側の外壁も完成。

雪と-10℃の冷気の中、ご苦労様です。

2012-02-02 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。