Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

桜の開花とパンドラの箱 (その5

今週初め、開花指標枝はまだ固い蕾でした。
桜の蕾
<25日早朝>

桜の蕾
<28日(土)早朝>
今朝、ついに来ました。その時が。
長い冬が過ぎ、花開く春!
冬が深いほど、春の輝きは増すのでしょうか。

建築現場
<呼び水建築>
こちらは、いよいよ基礎が。
基礎が万全ならきっと良い建物が建つでしょう。

何が?
<何かが始まる?>
帰宅5分前の場所で何かが始まるようです。

===============================================
久々の「パンドラの箱」、今回は「聴覚心理学概論」-その5、C スピーカーです。
 (前説)・・・・[掲載済み]
 A 物理特性の解釈・・・・[掲載済み]
 B アンプ・・・・・・・・[掲載済み]
 C スピー力
   その1.能率と周波数特性(勝手にタイトル)・・・・・今回
   その2.位相応答(勝手にタイトル)
   その3.指向特性とドップラー歪み(勝手にタイトル)
 D カートリッジ(Pickups)
 E ターンテーブル(Turntables)
 F カセットプレーヤとレコーダ(Cassete players and recorders)
 G コンパクトディスクプレーヤとディジタルオーディオテープデッキ(DAT)
 H スピーカケーブル(Loudspeaker cable)・・・・[掲載済み]
 I 結   論
================================================
(文字を大きくするには「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを何度か押して下さい。「Ctrl」+「0」で標準。)
C スピーカーは大変長いので、「勝手にタイトル」を付けて、3回に分けて掲載します。
--------------------------------------------------------------------------------
C スピー力

 能率と周波数特性

能率はスピーカの性能の重要な側面である。
前節で触れたように電気的なエネルギーを音響的なエネルギーに変換する能率は、スピーカによって非常に異なる。
残念ながらメーカーは能率の表示法を今のところ標準化していないが、スピーカから1mの距離で90dB-SPL の音圧レベルを生じるのに要した電気的な入力(W)を示すことが多い。(※1)

他に、1Wを入力したときに1mの距離に生じる音圧を表示する方法もある。(※2)
このレベルは最も低いもので77dB-SPLから100dB-SPLを越えるものもあり、いろいろである。
1Wのアンプを用いてこの音圧が100dB-SPLを越えるスピーカで再生する場合と、同じ音圧を先にあげた能率の低いスピーカで出そうとすると200Wのアンプが必要となる。

ほとんどのスピーカにおいて周波数応答特性はアンプのそれに比べるとずっと起伏がある。
あまりにも特性が悪く、メーカーが「周波数帯域」として音圧範囲を表示さないスピーカもたくさんある。
デシベル表示のない周波数応答特性は無意味である。

スピーカの周波数応答特性は、無響室において測定されることが普通なので、結果に影響を与えるような壁、床、ドアからの反射音はない。
一般家庭において反射音は常に存在し、知覚される音質にある程度影響を与える。
高い周波数は、通常低い周波数に比べて吸収されやすいので、低い周波数のレベルが相対的に強調される。
加えて、低周波数領域では周波数によって音楽に不快な「色づけ」をする部屋の共振が起こることもある。
最後に、高周波数領域では複雑な相互作用のパターンが生じるので、耳に入ってくる音は頭の微妙な位置の違いに強く影響される。

もし、室内の音響特性がスピーカの「実質的な」周波数応答特性を制限する効果があるとすると無響室で測定されたスピーカの応答は、そのスピーカがどんな音で再生するかとはあまり関係がないと思われるかもしれない。
しかし、実際はそうではない。なぜならば「無響室での」周波数応答特性のピークやディップは、室内の音響によって生み出されたピークやディップと結合して、さらに不規則な総合的応答特性を生じるからである。
この「不規則性」を最小限にするためには、「無響室での」周波数応答は、できるかぎり平坦にすべきである。


加えて、音源の性質を判断する場合、聴取者は部屋の特性を補正するようである。
これは、親しい人の声の質は、その人のいる部屋が変わってもそう大きくは変化しないという日常経験によってもわかる。
この効果は、知覚的恒常性の一例である。
知覚的恒常性とは、観測者によって知覚される対象(この場合は声)の性質は、観察条件が大きく変化してもほとんど変化しないということである。
先行音効果(precedence effect)と類似したなにかが音の定位の場合と同様に、音質の判断にも働いているのかもしれない。
もし、そうであれば、音質の知覚は、反射された音よりは、むしろスピーカから直接くる、最初に耳に到達する音によって決まることになろう。
したがって、スピーカの欠陥によって生じる信号の変化は、室内の反射によって生じる変化よりもずっと気づかれやすくなるであろう。

これは、室内音響が影響を与えることを否定しているわけではないが、この影響は物理的な特性から予測されるものよりは、より検知されにくいであろうということである。

スピーカに関するかぎり、周波数応答特性が50~15000 Hz±3dBあれば非常に良いといえる。
そして、もしそのスピーカのほかの性能も同じように良ければ、このような特性のスピーカによって再生された音にはそのスピーカらしさはほとんどないであろう。これは、正確な変換器(transducer)である。
------------------------------------
※1 現在ではほとんど使われていないと思われる。
※2 ○○dB/W/mというこちらを用いることが多い。
------------------------------------
オーディオ再生システムの要は「スピーカーと部屋」だと言われます。
私もそう思います。

正確な変換器としてのスピーカーは、性能が良くなればなるほどその存在が消えます。
逆にスピーカーに個性を求めることは、全ての料理に塩や砂糖をかけるようなもので、引き立つ場合もありますが、多くの場合は素材の味を殺してしまうと私は考えています。
------------------------------------
・次回は「C スピーカー」の2回目で、「位相応答」です。
スポンサーサイト
2012-04-29 : パンドラの箱 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

洗面所の扉を修理。

昨日、東京のT氏宅でDEQXの新製品、HDP-4のデモを行いました。

当初、3月の初旬に発売を予定していましたが、最初に送られてきた4台は音質以前の要素で、とても納得出来る仕上がりではありませんでした。

DEQX社には全世界への出荷を止めるよう要請し、原因の究明と対策に没頭してきました。

3月下旬から昨日まで、平静を装いながらも心中の葛藤が続きました。

もしかすると吹けば飛ぶようなDEQX社はHDP-4の手直しと完成、出荷まで体力が持つのか・・・・

もし、DEQX社が潰れたらKurizz-Laboは何を売り出すか?

2年間、町のジムで鍛えた身体を売るか・・(冗談ですよ!)

それとも、Kurizz-Laboを畳んで年金暮らしに入るか。

そんな不安もよぎりましたが、納得出来ないものを出荷するわけには行きません。
------------------------------------------------------
そして、2ヶ月ほど前からの家人の依頼事も溜まっていました。

1.洗面所の扉の不具合。
2.玄関前アプローチの石積みの不具合。
3.ガレージの猫よけ扉の設置。
4.GWにオープンする隣人の石窯ピッツァの看板製作、等々

家人にとってはDEQXの新製品より重要な問題かも知れません。
------------------------------------------------------
そして今日、洗面所の扉の修理を終えることが出来ました。
ついでに、石窯ピッツァの看板用丸板の製作も一気に完成。

と言うことは・・・・そうなんです。

一昨日の夜、新製品の問題点が全て解決し、後はDEQX社の量産を待つのみとなりました。

仮の対策を済ませた新製品を持ち込んでの昨日のT氏宅でのデモで音質についての高い評価も戴き、2ヶ月間の肩の荷を下ろすことが出来ました。

デモ当日の夜、T氏から戴いたメールの一部をご紹介しますと、
---------------------------------
その後の通電効果だと思いますがさらに良くなりました。
自分のシステムで交響曲がこれほどよく鳴るとは信じがたい。
アナログも聴きましたが、同様に素晴らしく良い感じです。
---------------------------------
とのことでした。

T氏はPDC-2.6Pからのユーザーで、HDP-3にバージョンアップされ、そして今回、HDP-4を聴かれての感想となります。
私自身、HDP-4で測定と調整を行い、結果の音まで聴けたのは初めてでしたが、音が出た瞬間に心の中で「やったね!」と叫んでしまいました。
-------------------------------
平静を装ってきたこの2ヶ月。
実はその中に、お伝えするのを忘れていた大きな?情報もありました。
今日はまとめてご報告。

焼きそば
<麺所 暁の特製メニュー>

大きな情報・・・その1
何度もチャンスがありながら、ついつい、撮影前に食べてしまっていた幻の「かた焼そば」です。

ジョギング_120420
<4月20日>

大きな情報・・・その2
新築か、と思ったらなんだか変。

ジョッギング_120423-1
<例の建売ログハウス>

大きな情報・・・その3
裸の家に「一位の木」が植えられて見違えました。
全くの○○○より一枚着ていた方が好きな私。どこか共通点が・・・

ジョッギング_120423-2
<キジの雄>

これは小さな目撃情報。
早朝ジョギングで毎日のように目の前を横切るキジの雄を草むらで撮影に成功。

ジョッギング_120423-3
<あらら、また新築か>

大きな情報・・・その4
キジが逃げ込んだ先にそれはありました。
つい先日、間もなく引き渡しか!と報告を終えたばかりの建物の隣に。
4~5年間、何事もなく過ぎていた分譲地でしたが、呼び水効果でしょうか。

Bill-1
<追分から中軽井沢へ>

そして、最大級の情報です。
先週、1000m林道を走っていると・・・

Bill-2
<巨大なクレーン>

軽井沢町では建物の高さ規制があり10m以上(確か)の建物は作れません。
こんな巨大なクレーンで何を作るつもりなのでしょうか。

Bill-3
<立派な仮設道路が>

建設現場に入るための入り口に作られた仮設道路。

Bill-4
<ここにも重機が>

実は、あのビル・ゲイツ(Bill Gates)氏の別荘が建つという噂が町を飛び交っています。

敷地面積6,000坪、建坪600坪。
地下二階の平屋で建物だけでも12億から20億円。
(高さ制限のため、地下に伸ばした様子)

まだ全国の話題にはなっていないようですが、ネット検索で「ビルゲイツ 軽井沢」と入れれば今や、大量の情報が出てきます。
完成は来年の12月とか。

ジョギングコースの建築現場と比較してはいけませんが、あまりにも規模が違いすぎます。

完成したらDEQXを10台ほど売り込みましょう。

良い音×10台=凄い音・・・・??

「取らぬ狸の皮算用」とはこのことですね。

この別荘の話が本当かどうかは知りません。
2012-04-25 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新型DEQX

昨夜、DEQX社の最新型「HDP-4」で音楽を堪能しました。

長い冬が終わり、春は確実にやってきます。

今朝、少し胃痛を感じて私にも胃があったことを認識している今日この頃です。

Kurizz-Labo 店主
2012-04-22 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

餃子と春と厳冬期

国道18号線の追分付近から浅間サンラインに入って800m先。
ここにKurizz-Laboお気に入りの食事処「麺所・暁」があります。
これから少しずつご紹介していきたいと思います。

羽餃子
<自慢の羽餃子>

ここのシェフは優しいお顔に似合わず本物です。
能ある豚はへそを隠す、と言います。
いえ、私のことではありません。

お薦めは自家製麺の「暁ラーメン」

そしてメニューにはない、秘蔵の「かた焼きそば」
自家製麺をその場で揚げた香ばしい麺は、それだけでご馳走です。
手間が掛かるので、あくまでもマル秘の隠れメニューです。
運良く、他にお客様がいなければ、一食のみ注文してみて下さい。
-----------------------------------
ジョギング_120409
<ムムム、怪しげなムード>

1月10日に「雑木林がなくなった」とご紹介した所に・・

桜_120412
<4月12日・標準木>

私の桜標準木はまだまだ堅いつぼみ状態。

ジョギング_120415
<今朝の現場>

かなり大きな家が建ちそうです。
昨年、この辺りに熊が出没したなどとは、口が裂けても・・・・
------------------------------
さてさて、厳冬期のKurizz-Laboに春は来るのでしょうか?
はー^-るよこい。はー^やくこい。
今週、何かが起こる・・・そんな予感が・・・

2012-04-15 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

足を靴に合わせる。

Kurizz-Laboから国際部部長を委嘱している大阪のT氏からメールが入りました。

PS Audio社長のブログに面白い話がある、と届けてくれました。
内容は、
-------------------------
悪い部屋で鳴らす良いスピーカーは、良い部屋で聞く悪いスピーカーより悪い。
-------------------------
というものです。確かにそのような状況もあったような気がします。

ならば、良いスピーカーを現状の部屋でより良く鳴らすためには何が必要か考えよ!
というのがT氏からのメッセージだったような気がします。

答えは、

1.必ず良くなる保証はないが、1,000万円掛けて室内音響特性を改善する。
2.68万円で○○○○を買って、スピーカーと室内の音響特性を補正する。

理想は「両方やる」ですが、現実には・・・

-----------------------------------------
話は変わりますが、1週間ほど前にシューマートという大型の靴店で大枚2,950円もする丈夫そうなウォーキングシューズを買いました。
翌日、それでJoggingをしたら、16年間出来なかった靴擦(くつズレ)がたった2回で完成!
見事な豆が出来、ぽろっと落ちるまで約1週間。
氷河の道を避けて27日ぶりで再開したジョギング(レポート)でしたが、数回で止まった訳はこれでした。
もし29,500円の靴だったら多少の無理をしても足を靴に合わせたのですが、潔く処分しました。

仕切り直してウォーキングシューズのための基礎知識を一夜漬けで勉強し、今度は本格スポーツ店へ。

ありました、私の好きな紐なしで履ける入門者用ジョギングシューズが。
でも、9,750円と、私にとっては今までで一番高価な運動靴でした。

シューズ
<ちょっと地味ですが・・>

昨日の朝5時半、これを履いて玄関から一歩を踏み出すと・・・・・

なんだこれは!

まるで体重が30kgも減り、背中に羽が生えたかのような・・・

それでも50kg近いだろうって・・・・混ぜっ返さない!

足が勝手に前に出て、勝手に走っていきます。

天にも昇る気持ちです。

これならフルマラソンが3連チャンできそう。

今までの16年間は何だったのでしょう。

知らなかったとはいえ、悔やまれます。
-----------------------------------
「今までの10年間を10時間で取り戻します」

良いツールを上手く使えば・・・・こちらはまだ間に合いますよ。



2012-04-10 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

冬来たりなば、春遠からじ。

思いがけずやってくる台風。

待ちわびる春に、再びの冬。

何かの事情にも似て、人生に波乱あり。です。

7日の夕食
<7日・土曜日、我が家の食卓>

いつもと同じようなものですが・・・特別メニューも。

スペシャル料理
<特性のOnion Soup>

以前、このブログに登場した隣人の石窯氏。

「3時間掛けてスープを作ったのでどうぞ。」

「ついでに、カクテルも作ったのでどうぞ。」

とりあえずビールを一口飲んで、いざオニオンスープを。

絶品です。

飴色になるまで3時間炒めたオニオンと、チーズが絡まり、

絶妙の風味を醸し出しています。

ビール、オニオンスープ、カクテル、ビール、オニオン・・・止まりません。

男の料理もここまで行けば本物。

5月の連休は、石窯を囲んで、ピザと、燻製と、カクテルと、オニオンスープ・・・

胃袋は既に待機状態です。

それまでには諸々、一件落着と行きたいものです。

Jogging-1
<売り家と浅間山>

今朝(8日、日曜日)の気温はマイナス6度。

Jogging-2
<ついに完成!>

重機も全て無くなり、完成のようです。

オーナー様への引き渡しとともに、このシリーズも終わります。

冬最中の建築工事、お疲れ様でした。

Jogging-3

大きな音を出しても近所迷惑にはなりませんね。


2012-04-08 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。