Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ホーン vs ドーム

2年ほど前に納品したスピーカーBOXが嫁入り先から出戻ってきました。(笑)
5インチ程度の小型ユニット専用で、使い道が見つからず、しばらく横で寝ていました。

ところで、私自身は忠実度は多少犠牲にしても音の出方が好きでホーンを選択してきました。
しかし、既製品でホーン型を採用するメーカーは今では絶滅危惧種的な存在になりつつあります。

ドーム型とホーン型の本質的な違いはどこにあるのでしょうか?
ホーン型が好き、という理由はどこにあるのか、そもそも明快な違いがあるのか。
この問題をいつかは検証(実感)してみたい、とずっと思っていました。
そこで、寝ていた箱にドーム型ツィーターを入れたシステムを作ることにしました。

様々なユニットを物色していると、ETON社(ドイツ)のユニットに目が止まりました。
まずは箱に収まる5インチのウーファー(Mid Bass)があり、しかもなかなか良さそうです。
初めてのメーカーですが、手ごろな価格と良質なデザイン、各種の特性なども目的に合っています。

ETON_5-200_A8_Symphony
<ETON_5-200_A8_Symphonys>

早速、いつものマロニエオーディオさんに注文すると1週間程度で送られてきました。
無駄のない洗練されたデザインと、手に持った感触がとても良い感じです。
取り付け寸法を調べると若干の加工でBOX内蔵の真鍮棒もそのまま使えそうです。

ウーファーが決まったので、次にドーム型のツィーターを探します。
最初に候補に挙がったのはSEASのソフトドームです。

SEAS_T25CF002
<SEAS_T25CF002>

このユニットは甲府のFさんも使用されていて何度も聴かせて頂きました。
さらに、私の二人のお客様のシステムにも採用した実績を持っています。

しかし、決定直前、耳元にささやいてきた製品がありました。

ETON_26HD1_A8_Symphony
<ETON_26HD1_A8_Symphonys>

ウーファーと同じETON社製のマグネシウム振動板を使ったドームツィーターです。
マロニエオーディオさんで2万円以上する高価な製品ですが、「ドーム型」が主役なので奮発します。
(SEASのツィーターは記憶では更に高価だったことも多少影響・・・)

ウーファーと同じSymphonyシリーズの製品であり、写真でもなかなか魅力的な面構えをしています。
自身の事は棚に上げて私はとにかく面食いで、製品はまず第一にデザインで選ぶことにしています。

優れた製品には優れた機能美がある、と固く信じています。

ウーファーに続いてツィーターもマロニエオーディオさんに注文。
そして、これらのユニットを取り付けるバッフル板をWood Pocketさんにお願いしました。

1週間ほど前にバッフル板が届き、全てが揃いました。
こうなったらどんなに忙しくてもやるしかありません。
真鍮棒に合わせて、ウーファーのネジ穴を僅かに広げてバッフルにユニットを取り付けます。
バッフル板のツィーター取り付け穴に端子部分の加工依頼を忘れていたので、再加工。
などなど、若干の紆余曲折がありましたが全てが無事に取り付けられました。

ドーム型2Way-1
<ドーム型2Way完成>

完成したシステムを仮説の台に乗せ、部屋の中央に設置してDEQXで測定。
補正データーをDEQXに流し込んで準備完了です。

ドーム型2Way-2
<システムに収まった2Way>

ホーンとドームの違いを明確にするため、設置条件は出来るだけ同一にします。
その結果、新人君は大胆にもホーンスピーカーの上に鎮座することになりました。

ドーム型2Way-3
<ネット装着時の2Way>

2Way用のボックスは内容堰37リットルの真鍮棒入り完全密閉型で、吸音材も適度に入れています。
この段階ではクロスオーバー周波数の最適値を見いだす作業などが必要です。

測定結果
<完成した2Wayシステムの特性>

測定結果からはクロスオーバー周波数を1kHzから6kHz程度まで可変出来そうです。
とりあえず2kHzに設定してスタートしますが、まだまだ本格的な検証は出来ません。

いよいよ、ホーンユニット vs ドームユニットの対決です。

そんな訳で、結論を得るにはもう少し時間が掛かりますが、とりあえずの感想は・・・・
どちらも大変魅力的なサウンドであることがまず確認できました。
最初から片方だけを聞いていればそれはそれで満足出来そうです。

もちろん5インチと16インチのウーファーでは振動板の面積が10倍も異なります。
ウーファー領域の最大音圧や最低域の再生特性には圧倒的な差が出るのは当然です。
しかし、ある音量までは口径の違いを明確に意識出来るほどの違いはありません。

ドーム型2Way-4
<床置きの2Way用DEQXと全景>

両システムともDEQXによる補正でクセは取り除かれてナチュラルな音質となっています。
まだ短時間の比較で予断を許しませんが、バイオリンコンチェルトを聴いた第一印象は・・・

演奏会場で言えば、1階のS席と2階の最前列で聴く音の違いという感じがします。
(慣れ親しんだNHKホールを思い出しての感想ですのであしからず。)
オーケストラの存在感や距離感がかなり異なります。実に面白い印象です。
この段階では、両者に違いはあるものの、どちらが良いということはまだ言えません。

しばらく聞いているうちにドーム型システムをもう少し試聴位置に近づけたくなりました。
早速支持台を作り直して5センチほど手前に移動し、ホーンの前縁から9センチほどとしました。
結果的にホーンの仮想振動板の位置よりは5センチほど近い事になりました。

NHKホールの2階席最前列はステージをやや俯瞰する感じになります。
ドーム型システムで聴く音もそんな風に聞こえてきます。
オーケストラとある距離感をもって、客観的な聴き方ができます。
これに対してホーンは指揮者の後方、距離にして数メートルから10メートル辺りの感じです。

こうした違いがなぜ生じるのか、今後の大きな課題であり、核心部分です。
今の段階では、直接音と間接音の比率、そして高域の質感が影響しているような気がします。

この辺りを時間を掛けて本質的な「音の感触の違い」に迫っていきたいと思っています。
スポンサーサイト
2012-07-31 : Audio topics : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アプローチの工事にも着工

13歳?のドーモ君ポストをモリゾウ君風の怪獣にバトンタッチ。
次はこのポストの横、玄関のアプローチをリニューアルします。
実はこの設計もかなり前に終わっていて資材も調達済みでした。
後はいつ実施するか、気分次第となっていました。

Approach-1
<着工!>

そして、つい先日、夏本番を迎える前に片付けようと意を決しての着工でした。
従来のアプローチは、13年前の家の完成に合わせてプロに依頼したものでした。
使った資材は全て浅間石。これは庭を掘ればいくらでも出てきます。

Approach-2
<取り除いた浅間石>

この土地から出る石は火口から飛んできた火山弾(他に板目石と溶岩石があるそうです。)です。
取り除いた石は見た目より多く、かなりしんどい作業となりました。

この石の山を見てふと思い出したことがあります。
数年前、ALLIONの島元社長が来宅され、アース棒打ち込んでくれた時の光景です。

どこに打ち込んでも浅間石に阻まれてアース棒が素直に入って行きません。
幸いにして1mほどが貫通した棒を頼りに、順次継ぎ足していきます。
私も2本ほどお手伝いをしましたが、この当時はまだ手作業での打ち込み。とにかく大変でした。
結局10本のアース棒を打ち込みましたが、接地抵抗は70~80オームまでしか下がりません。

打ち込み工事の労力も、接地抵抗的にも最悪の土地柄です。(島元社長、お疲れ様でした。)
せっかくのアースは現在アナログディスクの徐電ブラシに接続しています。

Approach-3
<新設工事の開始>

さて、ここからはいよいよリニューアル工事のスタートです。
アプローチには屋根からの雨だれが落ちてきます。
浅間石は適当に受け流してくれましたが、コンクリートの平板では飛散しそうです。
そこで、雨だれの落下点に玉砂利を入れたU字溝を置いて飛散を防ごうという作戦です。
このため、U字溝の設置場所は限定されることから、ここが全ての工事の基準点となります。

Approach-4
<外枠の設置>

U字溝の埋設が終わると次は平板を敷き詰めるための枠(縁石)を埋め込みます。

このアプローチは玄関と共に、地下室の入り口でもあります。
地下室はKurizz-Laboの研究所で、その入り口から5㎝下を平板の上面、つまりU字溝の上端としました。

ところが、縁石を埋設するため家の基礎付近を掘ると14㎝下にコンクリートの躯体がありました。
設置する縁石は縦横が10センチです。と言うことは5センチ下のタイル面が4センチ下に・・・
既に基準となるU字溝はどっしりと設置されています。
ここにきて、扉側の縁石上部とU字溝で高さが1センチ異なるという事態が発生。

誤算です。設計ミスです。・・・いえいえ単なる調査不足です。

ここまで来たらもう引き返せません。
たかが1㎝です。どこかで吸収出来る(誤魔化せる)でしょう。
どうせ、そんなに精度の高い工事をしているわけがありません。

(人間はどうしてこのように都合の良い解釈をするのでしょうか。)

上の写真を拡大してU字溝につながる短い縁石を見つめてはいけません。
(もし、多少でも斜めに見えるという方は乱視を疑いましょう)

Approach-5
<砂利を投入>

完成時の不安な気持ちを抱きつつ、工事はどんどん進みます。
縁石の設置が終わると内側を整地して砂利を敷き詰めます。

Approach-6
<敷き砂利の固定>

通称「タコ」と呼ばれる「地ならし」の道具です。2本足のタコのイメージでしょうか。
10年ほど前のガレージ建設の際に、業者の方が即席で作った「タコ」です。
胴体は枕木なのでかなりの重量があります。

これを数百回打ち下ろすと死ぬほどの筋肉疲労が襲ってきます。
しかし、週4回のトレーニングで鍛えた体は・・・・やっぱりだめです。ダウン。
今日は風呂に入ってビールを2本飲みましょう。

Approach-7
<翌日、工事再開>

突き固めた砂利の上に砂を入れてコンクリート製平板の厚さ分を残して敷き詰めます。
仕上げに直結しますので一枚一枚、丁寧に砂を調整しながら平板を置いていきます。

Approach-8
<メイン部分の一枚目>

U字溝の外側を終えて、次に内側に平板を敷いていきます。
起点となる一枚目が肝心。

Approach-9
<メイン部分のタイル敷き>

でも、どこかで魔の1センチがやってくる恐怖は去りません。

「やばい」ことは後回しにするのが我が人生。

作業はどんどん進みます。

Approach-10
<既製品タイル設置完了>

30センチ×30センチのコンクリート製平板が収まるのはここまで。

Approach-11
<完成間近!>

この日の仕上げはU字溝の中に玉砂利を注入しました。
U字溝にたまった雨水やがて流れ出していく様子を描いた見事な造形です。

購入した玉砂利が余ったのでブン撒いただけだろうと言うあなた!・・・正解です!

Approach-12
<コンクリートの切断>

2㎜程度のアルミ板は木工用の丸鋸ですいすいと切れます。
同じ感覚でコンクリートの平板を切ると、半分(15㎝)ほど進んで立ち往生します。
丸鋸の刃はこれで昇天します。

ディスクグラインダーにダイヤモンドカッターを付ければ切れる、と知りました。
DIYショップに行き、2枚で2,400円の歯を購入。
早速トライしてみると、なんとまあスイスイ、サクサクと切れます。
今や、知らないことはネットに聞け!ですね。
しかし、実際に切断作業をしてみると猛烈な粉塵が出ることが判ります。
購入したダイヤモンドカッターの歯は乾式タイプですがたまらずに水を染み込ませてカット。
これでも内部までは水が入らず、もの凄い微細な粉塵が出ますので、要注意です。

コンクリート製平板の表てと裏に5~10㎜ほどの溝を切り、タコで叩くと簡単に割れます。
割れ口が多少凸凹しますので、これもダイヤモンドカッターを軽く当てるだけで綺麗になります。
最小限のカットで済ますのが粉塵の抑制には効果的でした。

Approach-13
<最終仕上げ>

カットした平板を順に敷いていきます。
平板の下は砂ですので、若干の流動性があります。
これを利用して平板の上をタコで軽く叩いて高さの調整を行います。

Approach-14
<完成です。>

見事なアプローチが完成しました。
浅間石の撤去から完成までほぼ3日間の作業でした。

Approach-15
<ポスト怪獣とアプローチ>

えっ、1センチの誤差はどこにいったと聞きますか!
それは実際に貴方の目で確認して下さい。

Approach-16

以上で、13年ぶりとなるポストとアプローチのリニューアル物語はおしまいです。

しかし、これらの作業を通じて、改めて物作りの楽しさと、土木工事の達成感を味わいました。
自分で設計し、例え多少のミスがあっても果敢にチャレンジして完成させる。

仕上がり良ければ更に良し。ビールが旨い。

さて、次は、この地下室で本来業務のアンプ製作に邁進することにします。

お待たせ致しました。
2012-07-29 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

我が家は怪獣とともに

1999年に手作りした木製の郵便ポストがかなりお疲れのようです。(後ほど登場)
毎日お世話になるものなのでリニューアルすることにしました。
忙しいこともあり今回は自作をあきらめ、春頃からいろいろと調べた結果、専門メーカーの製品に行き着きました。
Sonia製〒ポスト
<Sonia製Type-1のグリーン>
実売価格が22,770円、専用のポールが17,500円。
合計で4万円ほど掛かります。
自作すれば5千円程度でしょうか?
正直言ってポストが4万円というのは抵抗がありましたが、20年使えば2,000円/年です。
5月にネット通販で購入し、1ヶ月間ほど気分が間熟成するのを待って6月に着工しました。

〒Post-1
<6月下旬、工事スタート>
ステンレス製の専用ポールを立てるのが最大の工事です。
20年持たすため、木枠を作ってコンクリートを流し込んで固定する本格工事です。
左側に見えているカラマツの大木は煙突掃除の際に命綱をを固定する大切な木です。

〒Post-2
<カラマツの根が!>
何と、ポールを設置するベストな位置にはそのカラマツの太い根が通っていました。
これを切ったり、コンクリートのアクなどで痛めてはいけません。
根を避けて木枠を設置。根子はビニールで覆って作業を進めます。

〒Post-3
<13年頑張ったドーモ君>
13年間ご苦労様でした
〒Post-4
<コンクリート注入-1>

〒Post-5
<コンクリート注入-2>
余った分で家の躯体と結合。

〒Post-6
<ポストの取り付け>
速乾性のコンクリートですが、1日置いた翌日に取り付けました。
ポールは肉厚のステンレス製で強度も充分。
根元を固めた成果で、押しても引いてもびくともしません。
我が家に来たら押してみましょう。

〒Post-7
<翌々日には早くも・・>
我が家の怪獣・・・・あああ・・・・イエイエ。
画が好きな方がいて、なんでも怪獣にしてしまいます。
ドーム状の屋根はポリカーボネート製で、20年持たせるためでしたが、顔の一部に・・・

〒Post-8
<この怪獣は・・>

〒Post-9
<郵便屋さんもビックリ>

〒Post-10
<駐車場の怪獣>
私はウェスタンバー風の両開きドアを作ったのですが・・・
でも今回の土木工事は完成時の達成感が一際大きかったのが印象的です。
20年後にこのポストが無事に頑張っているかどうかご報告したいと思います。

2012-07-27 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SPボックスと雲と

東京のT氏から依頼された景山式平面スピーカー用のボックスが完成しました。

SP_BOX_120717
<T氏設計のBOX>

ユニットは
中低域:景山 FLAT-A 特製フレーム仕様
高 域:Mundorf AMT2510C Air Motion Tweeter
とのことです。
右下に見える銀色パネルの物体は何でしょう?
・・・・・・・どこかで見たような・・・・

真鍮棒
<平面ユニットの4隅を真鍮棒で固定>

設計はT氏で、私は岡山のWood Pocketさんという工房に依頼しただけです。
お手伝いしたのは真鍮棒の追加と塗装の色くらいでしょうか。

最近はSPシステムに執着しています。
ユニットのPARC Audioさんと、BOXのWood Pocketさん。

何か面白い事が出来そうです。
------------------------------------------
朝便り。
Jog_120716
<7月16日・月>

5角形の家が!立ち上がってきました。

Jog_120717-1
<今朝、17日・火_早朝-1>

朝の5時32分。
なんとも爽やかな空でした。

Jog_120717-2
<今朝、17日・火_早朝-2>

朝の5時52分。
なんとも不思議な空でした。
2012-07-17 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

暁らーめん、移転情報-第二弾!

まず、お詫びと訂正があります。
DEQXの新製品が・・・・そうじゃなくて、

我が家の第○食堂、「暁ラーメン」の移転と開店について、誤情報がありました。
「6月30日にオープン」します。と書いてしまいました。
ところが、当日、何度電話しても通じません。
7月1日(日)に電話しても出ない。
7月2日(月)は定休日・・・・

すっかりあきらめていたら、3日の夕方電話が掛かってきました。
「栗原さん、やっと今日オープンします。」
この日、女房は出品作が展示された展覧会を見に東京行きで留守。
ちょうど、夕飯の支度を考えていたときだったので、直行しました。

暁ラーメン-1
<オープン初日の店内>

なかなかの雰囲気です。

暁ラーメン-2
<奧からの景色と店長>

移転のための閉店から3週間。
やっとオープンです。
店長、おめでとうございます。

暁ラーメン-3
<早速、ビールとおつまみ>

実は前のお店には「生ビール」がありませんでした。
瓶ビールなら家でも飲めます。
おつまみは定番の「ねぎチャーシュー」
新鮮なねぎと自家製チャーシューの絶妙のコンビです。
当然、ビールの追加が必要です。

暁ラーメン-4

そして、一ヶ月ぶりとなる特製メニューの「かた焼きそば」
ビールが何杯でも行きそうな雰囲気です。

と言うわけで、お知らせを出してから3日後、無事オープンとなりました。

----------------------------------------------
今朝4時半の気温が17.5℃。
この時間としては多分今年一番の暖かさです。
Tシャツ一枚で5時スタート。

Jog_120705-1
<建築現場-その1>

基礎からして大きいなと感じていましたが、立ち上がってみるとやっぱり大きい。

Jog_120705-2
<建築現場-その2>

こちらは大きさこそこぢんまりしていますが、正5角形の土台はなにやら・・・・

Jog_120705-3
<建築確認書>

初めて気が付きました。
ふむふむ。設計者はかなり個性的な建築を手掛けている方のようです。
工事の進捗が楽しみになってきました。

2012-07-05 : 未分類 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。