Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ダイヤモンドダスト

5時15分起床。
5時45分出発。

玄関を出て真っ暗闇の中、なにかがサラサラと顔に当たる感じがします。
今朝の気温はマイナス11℃・・・・・となれば

ダイヤモンドダスト
<1000m林道で撮影>

太陽の陽が当たればきっと夢の中のような光景だと思いますが・・・
仕方なくフラッシュを焚きましたが、ダメですね。
帰宅して写真を見せると「単なるゴミだね!」と、つれない返事が帰ってきました。

ゴミはゴミでも「ダイヤモンド」のゴミだぜ!!!。
スポンサーサイト
2012-12-27 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

最近の話題

12月23日の朝。

12月23日の朝
<2,568mの浅間山>

改めて高さを感じました。

12月25日の朝
<12月25日の朝>

晴天!ですが、冷えそう。

DDコンバータ-1
<新兵器採用>

ラトックシステムのRAL-1648iP1。
iPhoneや、iPodなどのデジタル信号をSPDIFに変換するDDコンバーターです。
Amazonで18,000円でした。

目的はDEQX調整時の試聴用です。
CDを持っていくと忘れるので・・・・
現在、iPhoneには1,900曲、500時間の音楽が入っていて、常に持ち歩きます。
ならば、DDコンバーターがあればCDは要らない。

DDコンバータ-3
<DDコンをDEQXに接続>

CD盤をプレーヤーにセットする儀式が好き・・・と言ったこともありますが。
でも、リスニングポジションで1,500曲が自由になるなら。それもありかな。

DDコンバーターとDEQX
<接続と動作を確認>

光端子、RCA端子での接続が標準です。
試しに、DEQXのBNC端子にRCA変換を付けてRCAで入力。
試しに、DEQXのXLR端子にインピーダンス変換トランスを付けてRCAで入力。

全て問題無し!
約2時間、調整を終えたシステムで試聴しました。
ラトックシステムのRAL-1648iP1、良いですね。
これからは常用システムになりそうです。

DEQX調整

高能率ドライバー専用の10Wアンプが落ち着いてきたので改めて調整をしました。
メインスピーカーの上にサブの2Wayスピーカーを積み上げ、合計200kgを超えるSPシステム。

少しでも反射の影響を避けるため、引っ張り出してスピーカー測定を実施。
アンプのゲイン調整でユニットの能率をラフに設定。
2時間かけて精密調整。その結果は・・・

無音から飛び出すマーカスミラーのベースは最高。
ヒラリーハーンの無伴奏ソナタ&パルティータも最高です。

明日は昼間の気温もマイナスとか・・・・
2012-12-26 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

DEQX調整行脚(広島編)

平成7年から9年までの3年間、広島に住んでいました。

呉のH氏-1
<呉市の海に近い山の上>

でも、この呉市を訪れたのは初めてでした。

呉のH氏-2
<戦艦ヤマト建造の地>

この撮影場所の100m先にDEQX調整第一弾、呉市のH氏宅があります。

呉のH氏-3
<合計700リットルの密閉箱>

ユニットはアルテックの515ツィンとBMSの4592NDです。

DSC04515.jpg
<呉市のH氏経営の喫茶店>

広島市内にある「ALTEC Me Nishinaya」
ここがDEQX調整第二弾!

呉のH氏-4
<喫茶店の内部とマスターのH氏>

最適リスニングエリアはどこでしょうか?

広島のM氏

広島市内のM氏リスニングルーム。
こちらがDEQX調整第三弾!

12月の10日と11日に合計3カ所でDEQXの調整をしてきました。
詳細は近日中にホームページのUser's Reportに掲載します。

人との出逢い、システムとの出逢い、多くの喜びがありました。

皆様、ありがとうございました。
2012-12-12 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1WピュアAクラスアンプ完成!

12月5日の続き。

最新自宅システム-1
<2012年12月8日現在>

パワーアンプを変更して久々に新しくなった再生システムの全景。

最新自宅システム-
<アンプラック部>

最下段が3Way用のパワーアンプ群。
左側はLch用、右側はRch用で左右に分離。

最新自宅システム-
<片ch分のパワーアンプ>

高域:上段:新開発のNew KLP_10W_ST(Lch)
中域: ----------- 同上 ----------(Rch)
低域:下段:ALLION S-200の片chのみ使用
--------------------------------------------
高能率ホーンドライバー専用アンプ完成!
DEQXとの組み合わせで最強のシステムが構築出来ます。

ホーンドライバー専用アンプ-1
<New KLP_10W_ST>

能率100dB/W/m以上のホーンドライバー専用パワーアンプ。
出力は8Ωで10W、4Ωで20W(歪みは0.001%以下)。
(0.01%以下の無歪み最大出力は20W/8Ωと36W/4Ωで、高能率フルレンジユニットなどにも対応可能)
微少信号のクオリティを徹底して追求。(1Wまで完全Aクラス動作)
能率118dBのBMS社製4592NDを接続してもノイズは全く聞こえません。
ドライバーユニットに応じて、+3/+6/+9/+12dBのゲイン設定が出来ます。

ホーンドライバー専用アンプ-2
<New KLP_10W_STのリアパネル>

入出力端子はロジウムメッキタイプを使用し、長期間の安定性を重視。
電源コネクターはノイトリック社のパワコンを採用。

ホーンドライバー専用アンプ-3
<New KLP_10W_STの内部>

100Wクラスの強力電源を搭載。

ホーンドライバー専用アンプ-4
<New KLP_10W_ST>

サイズは330W×99H×230D(㎜)のコンパクト設計

ホーンドライバー専用アンプ-5
<New KLP_10W_ST>

近日発売予定ですが、完全受注生産のため納期は2ヶ月程度となります。
価格も含めて、詳しくはホームページでお知らせします。


2012-12-08 : DEQX関連 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

夢の実現

明日の朝は多分雪で、ジョッギングは無理でしょう。

燃える朝
<12月2日:6時43分>

燃えるような朝焼けでした。
------------------------------------------
そしてこの日、広島の西さんからアンプ4台が到着したとの連絡を頂きました。
そして、アンプの発送直後から自宅システムのホーンドライバー用パワーアンプの製作がスタートしました。
アンプ部やプロテクションの基板は既に完成しているので後はシャシーの加工と組み立てのみ。

自家用アンプ完成
<12月4日完成の10W+10Wアンプ>

足は撮影用に手元のTAOC製インシュレーターを置いたものです。
本番は・・・・

僅か3日で2台のアンプが完成!
今日(12月5日)、今までのシステムから新設計アンプにシステムを変更。
しようと思ったらパワーアンプが1台増えたため、ACコンセントの不足が発生。
早速DIYのお店に行ってコンセントを購入し、製作しました。

続く・・・
2012-12-05 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。