Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

上には上が・・ありました。

2月初旬。新調したDELLのパソコンについて、「本体は素晴らしいがキーボードは最低」と書きました。
そして、たまらず4日後には近くの量販店に行ってELECOM製キーボードを購入。
そのときのレポートではELECOM製の素晴らしさを絶賛していました。

昨日(2月25日)、埼玉県草加市のU氏宅でDEQXのインストールを済ませて帰宅すると、別のキーボードが届いていました。

Topre_Keyboard
<2種類のキーボード>

手前がELECOM製キーボード、奥が今回登場する東プレ株式会社のキーボードです。
「Topre製-REALFORCEキーボード」
恥ずかしながら、今日までその存在を全く知りませんでした。
-----------------------------------------------

最近までの4年間はEPSON製のPCに付いていたキーボードを使ってきました。
改めて考えるとこのキーボードは実に正統派、つまり昔ながらのスタイルを踏襲したものでした。
キーストロークがやや大きいと感じていましたが、特段の問題もなく使えていました。

そして、今回、DELL製パソコンの導入にあたり、オプションのワイヤレスキーボートとマウスを選択しました。
これが大失敗だったことは既に書きました。
しかし、このキーボードもスタイルそのものはオーソドックスなものであり、実用的にはあまり問題がなかったのかもしれません。
しかし、たったの4日間で、あまりのチープさに嫌気がさし、ELECOM製のキーボードとワイヤレスマウスに変更してしまいました。

EPSON製からDELL製のキーボードへ。
これを拒否してELECOM製を導入して約3週間
そして、再び新たなキーボードを導入。

僅か一ヶ月で4台も変更したことになります。
なんという浮気性なのでしょうか!
自分でもあきれてしまいますが、毎日数時間、時には10数時間も指先が接しているキーボード。
微妙なフィンガータッチに関する問題は(何に付け)大切であり、夢おろそかには出来ないことを改めて認識しました。

実はこの3週間であまり信じたくはない、不思議な現象を実感したのです。
それはキー入力時のミスタッチが明らかに増加したことです。

1985年、松山放送局勤務時代にキーボードのブラインドタッチを必死でマスターしました。
PC-8001の「ユーカラ」やPC-9801の「松」といったパソコンワープロ幕開けの時代です。

当時はカナ文字入力もブラインドで出来ました。
しかし、英文と和文が入り交じった文章を入力する際はローマ字かな変換が絶対有利と判断。
今ではカナ入力のキー配置は完全に忘れています。
覚えるのは大変ですが、忘れるのは実に簡単ですね。

当時は「電波科学」や「Video COM」などの雑誌に毎月3本~4本の記事を書いていました。
たった1行を書くのに一晩かかる事もありますが、普通は猛烈な勢いで文章を入力し、後からじっくり校正するスタイルでした。
それから27年間、ブラインドタッチによる文章入力にはかなりの自信を持っていました。

最近でもDEQXなど各種のお問い合わせにはできる限りメールでお答えをするようにしています。
このため、タイピングの量は決して少なくはありません。

それがこの3週間ほどは急にミスタッチが多くなってきたのです。
64歳。指先の感覚や脳神経の働きが鈍くなってもおかしくない年齢なのだ!
と、仕方なく自分に言い聞かせていました。

しかし、まてよ・・・・
現用のELECOM製キーボードを改めて眺めてみると、無理矢理コンパクトな四角形に詰め込んだ感じのキー配列。
しかし、薄型の割には3ミリほどのストロークを確保するなど、配慮された面もあるのですが・・・・

改めて点検すると通常は二個分のキートップがある右側のShiftキーが一個分しかありません。
上下左右の矢印キーは標準キーボードとは全く異なる場所にあります。
また、キートップが完全にフラットなため指先がスッと納まる感触がなく、常にキートップ上をさまよいます。
ELECOM製にして一週間ほどは「新たなキー配置に慣れるまでは・・・」と思っていました。
しかし、2週間が過ぎても改善されず、正確なブラインド入力が出来ません。

ELECOM製キーボードのデザインや特徴が多発するミスタッチと関連はないのか・・・
大きな疑問が沸いてきました。
4年間も使っていたEPSON製の(オーソドックスな)キーボードでは問題がなかった・・・
PC-8001、PC-9801、そしてApple IIから始まる5世代ほどのマッキントッシュ製パソコンでも。
考えてみると、これらの全ての機種でキーボードは標準的なスタイルのものが付属していました。

どうやら結論は、コンパクト化に伴うデザイン優先のキー配列やキートップの形状、キーストロークといった基本的な構造に原因がありそうです。

そして、キーボードのなんたるかを熟慮せずにデザイン優先で選んだ私が間違っていたようです。

30年近くを経てキーボードの重要性を改めて知ることになりました。

つづく・・・・
スポンサーサイト
2013-02-25 : PC関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ICEパワーの実力は!

MJ無線と実験-3月号
<2013年3月号>

自作派にはたまらない記事が満載!
MJ 無線と実験 3月号。

MJ-3月号_P62
<特集記事-P62>

その62ページに「動作レベルとゲイン設定」というタイトルの記事を書きました。
(普通の)アンプの設計者はボリュームが午前10時前に最大の再生音量になるような使い方はお勧めしません。
そのあたりの「なぜか」も含めて解説しています。

他にも面白く役に立つ記事が満載。
ぜひ書店で購入して熟読されることをお勧めします。

エイプリルミュージック-S1
<EXIMUS S1>

そのMJ誌のZOOMUPで取り上げられたパワーアンプ。
その外観と内部の写真を見て久々に興味をそそられました。
ところで、上の写真では横長のケースに見えますが、見えませんか?

S1内部
<EXIMUS S1内部>

でも内部の写真ではずいぶん縦長のケースに見えます・・・???
とても不思議なので確認したくなり、輸入元からお借りすることにしました。

パワーアンプの試聴
<勢揃いしたアンプ群>

こうして並ぶと圧巻です。
両サイドがALLIONのS-200、その内側がKurizz-LaboのKLP-10W-ST、センターがEXIMUS S1です。

S1のスタイルは内部写真の通り、縦長のスタイルであることが確認出来ました。
今回の目的を達成しましたので、レポートを終わります。

???????????????

でも、せっかくお借りしたので(笑)、一週間かけて徹底的なヒアリングをしてみましょう。

昨日届いたS1を早速少しだけ調べてみました。
ステレオ使用で125W+125W、モノラル使用時はBTL接続にすると4倍の500W。
XLR入力が基本(RCAも切り替えで可能)で、最新型のICEパワーモジュールを採用。

そして、なんと言っても20万円(\199,500)という価格が一番気に入りました。

結果は近日中に。


2013-02-22 : Audio topics : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お気に入り!-その1

何らかの反応(結果)を待っているのに画面が全く変化しない。
つまり、パソコンの応答が極めて遅い!

・・・君は今、何をしてるの・・・と聞きたい。
答えを貰っても私には判らないけれど、それでも・・・

こんな時、一つの気休めとなる判断材料として、HDD(ハードディスク)へのアクセス情報がある。
画面に変化が無くてもHDDからの読み出しや書き込みがあれば、「そうか、そうか、君は仕事をしているのですね。」と判る。
ならばもう少しだけ待ちましょう。という気持ちにもなれる。

DELLのXPS 850は本体にHDDへのアクセスを示すランプが付いている。
でも机の下に設置したので見えない。

前に使っていたPCにはこのランプすら無かった。
そこで、偶然見つけた「DiskState」という無料のソフトを使ってみるとこれは便利。
3~4年前に入れたので、3~4年間見ていたことになる。

DiskState
<新PCに入れたディスクアクセス表示>

新PCにしたらこの表示が無くなってしまった。モニターは同じものなのに・・・(笑)

改めて探してみるとHDDのアクセス状況などを表示するソフトは山のようにある。
多くの人が必要としているのだと思う。

私はシンプルにHDDへのアクセス状態が判るだけで良い。
それなのに、どれもこれも(私には)「帯に短したすきに長し」

気に入っていたDiskStateは開発を打ち切ったとの記憶があり、Win7は無理と思っていた。
それがなんと、調べてみると64bit版まで出ている。
そして、実はこの「DiskState」、その気になると、

●自分のパソコンの他に、適切な権限が設定されているリモートコンピュータのディスクアクセスも監視可能。

●ディスクアクセス監視の他に、CPU使用率、ネットワーク使用率、メモリ使用量、PING応答の監視可能。

●同時に、複数のアイテムを監視できます。

●監視エラー発生時は、アラーム音とメール送信で通知出来る機能もあり。

などと、凄い機能が付いている・・・らしい。私には猫に小判ですが。

いずれにしても、これでまた3~4年は安心です。

開発者に感謝!

2013-02-12 : 嬉しいソフト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

鳥取に出張する2日前。それは届きました。

3年前に購入したデスクトップPC、EPSONのAY301。
よく働いてくれましたがゴミソフトを入れ過ぎたためか、最近は起動に3分半。

何かをクリックすると数十秒も待たされる事もしばしば。
満を持して、Windows XPからWindows 7へ。

悩んだ末に3週間前、DELLのXPS 850を導入しました。

DELL-PC_XPS 850
<机の下に収まった?大きなPC>

パソコンはちゃんと動けば良い・・と思っていましたが・・・
これは早い!(注文してから3週間は遅い!!!!)

Windows 7のProが30秒ほどで起動完了。
すべてのソフトがサクサクサク。

マウスのクリックでは画面チェンジが早過ぎて一瞬変わっていないのでは、と思うほど。
DEQXのCalibrationソフト、v2.92の初期画面が3秒台で出てしまう。

恐る恐るサイドパネルを開けると空冷用のファンが3個も付いていました。
CPU用、GPU用、そしてメインのファン。
全部がガンガン回ったらさぞうるさいことでしょうね。

見積書(笑)とホームページの書き換えにしか使わない私には宝の持ち腐れ、かも。

2種類のキーボードとマウス
<DELLのキーボードとマウス>

しかし、一週間でDELLのキーボードとマウスに別れを告げました。

PC購入時の構成選択で、メモリーは12GBが無料で付いてきました。
最低でも8GBはと思っていたのでこれは嬉しい誤算でした。

そして、この際、キーボードやマウスをワイヤレス式に・・・・

届いてみると実に巨大なキーボードでした。
そしてキーピッチも明らかに大きな手の人、たとえば平均的なアメリカ人向けと思われます。
一週間は我慢して慣れるように努力しましたが、私の指のサイズには最後まで合いません。
ブラインドで入力が出来なければ長文の原稿執筆などは不可能です。

そして不満がもう一つ。キータッチが実に安っぽいのです。

何十年か前、安物を表す言葉に「プラスチックで出来たペラペラした感じの製品!」がありました。
今、もう一度この言葉に登場してもらいましょう。

時には朝から晩まで、12時間以上も接しているキーボートとマウスです。

ELECOM製キーボード
<ELECOM製コード式キーボード>

ワイヤレスキーボードの選択も間違えでした。
単三2本で動きますが、動作時間の関係か表示ランプが一切ありません。
数値キーの状態や、キャップスロック、スクロールロックなどは表示はあった方が便利です。
キーボードを固定して使う我が家ではコード付きで何も問題がないことに改めて気付きました。

マウスはコードが邪魔なのでその分だけは価値があります。
しかし、マウスもこれ以上は出来ないと思われるほどの安っぽさです。
単三乾電池が2本入って130gとかなり重いのに、操作感は実にペラペラした感じです。
マウスパッドとの相性なのか、ベタ付いた感じで動きも全くスムースさを欠きます。

一週間で我慢の限界が来ました。
近所の家電量販店でキーボード(コード式)とワイヤレスマウスを購入しました。

偶然ですが、両方ともELECOM製で、キーボードが3,980円、マウスも3,980円。
実際に触って選んだ製品は、なんとこのお店では一番高価なものでした。

その甲斐あって、キー配置やキーストローク、そしてキータッチは最高です。
以前のEPSON製キーボードはしっかりした作りの本格的なもので、好感が持てましたが、ストロークが大き過ぎて長文の入力では指が疲れましたが、その点も今回のものはジャストフィットです。
キー配置やストローク、タッチフィーリングも最高。

それにしても、DELLの製品はPC本体の素晴らしい性能とは裏腹に、肝心なマンマシンインターフェイスであるキーボートとマウスのあまりのお粗末さにあきれてしまいました。

あれれ!、「パソコンはちゃんと動けば良い」と言ったのは誰でしたっけ?
2013-02-06 : 日常の出来事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。