Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

STAXのイヤスピーカーとノイズ

2010年12月25日のBLOGで、

スタックスのイヤースピーカー「SR-Λ」が修理から戻ってきました。

その後ドライブ用アンプを作るつもりが・・・・

足掛け4年(実質2年)、この計画は全く進んでいませんでした。

----------------

そんな中、昨年末、某誌からアンプキットの製作記事を依頼されました。

年末はサボったので、元旦の夕方から組み立て作業に突入しました。

ものは1週間ほどで完成し、後は原稿です。

朝から夜中までひたすら書いていると・・・

良い音で音楽を聴きながら執筆出来れば楽しいかな・・・・

との想いが募り、ふと棚を見ると修理済みのSR-Λが目に入りました。

そうだ!これが鳴れば一気に解決・・・・・・・もういけません。

ドライブアンプの製作を諦めてAmazonの画面でワンクリックしてしまいました。

SRM-323S
<STAX SRM-323S>

2日後に到着。

直ぐに2Fの事務室兼寝室の机用サブシステムにセットしました。

イヤスピーカーシステム
<SRM-323Sを設置>

(上から、STAXのSRM-323S、PCスピーカー用アンプ、そして、チョイ聞き用のCDPです。)

STAXの導入に合わせてPCのアナログ出力からUSB-DACにグレードアップ。

さあ聴くぞ・・・・・

この際、PCオーディオ用の再生ソフト(iTunes / foobar2000 / JRiver)の違いを確認しよう。

いやーーーーーー、良いですね・・やっぱり。

垂れ込めていた暗雲が跡形もなく去って、抜けるような青空です。

改めて違いを確認すべく、PCのアナログ出力を聞き比べました。

そして、今更ながらPCのアナログ出力がこれほどまでに汚れた音だったのかとびっくりしました。

ローレベルはノイズにまみれたグチャグチャサウンド、ハイレベルは抑圧感と濁りだらけの騒音サウンド。

今までのY社製ダイナミック型HPではPCの音はこんなものかなと思っていました。

STAXは次元が違うので、システムや音源のクオリティがそのまま音に出ます。

改めてSTAXの凄さも堪能して一日目は大満足。

その後は無事に原稿が進みました。

--------------------------

しかし、二日目の夜中、異変に気が付きました。

極めて小さなレベルですが、超低域に絶え間なく「ブーーーーー」と響く雑音があります。

60Hz付近で正弦波に近い感じなので、明らかに「ハムノイズ」です。

一度気が付いてしまうと原稿どころではありません。(編集長殿、スイマセン)

40年以上も使い続けたSTAXのイヤスピーカーです。

コンデンサー型特有の弱点も理解しているつもりです。

高電圧のバイアスが必要なことや極薄の振動板をハイインピーダンス駆動すること。等々。

1階のシステムでは時折高電圧の作用と思われるピリピリした痛みを耳に感じることがあります。

また、周囲に強烈な電源フラックスを発生する機器があるとそれだけでハムが出たりします。

それに比べて2階のSTAXシステムはまだ二日間ですが、耳の痛みは皆無。

私のボディーが地面から離れていることも関係ありかも・・・・

しかし、ハムノイズは・・・強いフラックスを出すような機器は無いはず・・・・

ふと、ドライブアンプのパネルを触るとハムノイズはピタリと止まります。

なーんだ、2階でもボディエフェクトによる電源誘導ノイズがあるんだ。

それなら機器かボティか、それとも両方をにアースに落とせば・・・・

---------------------------------

翌朝の9時半、隣町のVIVAホームでアース棒を購入してきました。

アース-1
<3本連結したアース棒>

アース-2
<打ち込んだところ>

アース-3
<2Fまで引き込む>

日中でも氷点下のこの頃です。

アルミのハシゴは氷のようですが、音のためにはエンヤコラ。

2時間ほど掛けて、アースを無事に2階まで引き込みました。

-----------------------------

いざ、勝負!

早速、SRM-323Sのリアパネルにあるアース端子に接続しました。

????????????????????????????

若干ですが、ハムノイズが大きくなりました。

思わず笑ってしまいます。

そして、徒労に終わったアース工事に落ち込んで数時間。

あきらめ気分で風呂に浸かり、冷えた身体を温めました。

風呂から出て机に座り、何気なくSTAXを掛けると・・・

最初は気が付きませんでした。

不思議です。実に静かなのです。

まだ夕方なですが早くもマイナス10℃の夜の静寂が訪れたようです。

まてよ、先ほどまでの実験でどこかが外れて動作していないのでは・・・

イエイエ、そうではありません。

恐る恐る、画面のPlayボタンを押すと何とも美しい音楽が鳴り響きます。

えっ!何がどうなったの?

何度確認してもハムノイズはありません。

グランドノイズが消えたので音の透明感が一段と向上しました。

不思議です。

風呂で暖まりすぎて耳の特性が変化し、低域の感度が落ちたか・・・・

   (頭の中は)
     ・?
     ・?
     ・?
     ・?
    (です。)

何気なく足下の床に視線が行きました。

すると、「電気式ひざ掛け」が手持ちぶさた風に落ちています。
     ↓↓↓↓↓↓↓
    電気ひざ掛け

夕方、気温が下がってくると足下を暖めながら、頭は自然冷却で頑張ります。

でも、風呂上がりの今、ひざ掛けは不要です。

あっ、もしかして・・・・

この毛布が私の身体に60Hz(のノイズ)を誘導していたのでは・・・・

改めてひざ掛けを腰下に巻き付けてSTAXを聞くと・・・出ました!

何度確認しても間違いありません。

ついに原因が判りました。

嬉しくなって、この日はひざ掛け無しで明け方まで音楽を聴いてしまいました。

(もちろん、夕食後の午後7時から10時過ぎまでの仮眠時間付きです。)

-----------------------------------------

翌朝、地下室の工作室からテスターを持ってきて電圧を測定してみました。

電圧測定-1
<電圧測定>

膝に電気毛布を巻いてテスターの電極を握ります。

もう一方の電極をはSTAXのケースに接続して電圧を測ります。

電圧測定-2
<テスターはSANWAのPC510>

なんと、この時は55.8Vもの交流電圧が現れました。

この電圧がイヤスピーカーの極薄振動板を(勝手に)振動させていたのです。

測定結果を整理したのが次の図です。

ノイズ電圧の測定
<ノイズ電圧測定結果>
(見にくい場合はこちらかのPDFファイルをご覧下さい。

正常時には0~7V程度の誘導電圧が、ひざ掛けをすると50Vにも達します。

今回発生したノイズはこの誘導電圧によるものでした。

----------------------------------------------

アースに接続してノイズが増えたのはアンプ側の電位が下がり、相対的なノイズ電圧が上昇したためと考えられます。

今回の実験ではイヤースピーカーのコネクターをアンプから抜いても雑音が出ていました。

これは2.5mのコードに誘導される電圧が人体よりも低いために発生します。

試しにアース線を抜いたコネクタの端子に接続すると盛大なノイズが出ます。

------------------------

今回のノイズについて改めてネットを見ると、かなりの方が遭遇しているようです。

中にはアースで解決!という場合もあるようですが、アースが万能治療薬ではなさそうです。

不幸にしてこのノイズに遭遇したらドライブアンプの金属部分を触ってみましょう。

ノイズが減ったら人体とアンプの間に交流の電位差が生じています。

根本的なノイズ対策はこの電圧を下げることしかありません。

(10V以下になれば事実上ノイズは聞こえなくなります。)

STAXのイヤスピーカーは飛び切りのサウンドとともに、デリケートな側面もあります。

良い音を再生するための必須条件は「雑音がなく」「クセがない」ことです。

プログラムソースに「なにも足さない、なにも引かない」のが最高の再生システムだと思います。

しかし、これが簡単ではありません。

まだまだ良い音探しの旅は続きそうです。

スポンサーサイト
2014-01-16 : パンドラの箱 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

蕎麦屋「きこり」追加情報

今更、ですが・・・

去年の大晦日も「きこり」さんの美味しい蕎麦を頂きました。

出来たての蕎麦を自宅で茹でて、揚げたての天ぷらと一緒に。

一年の締めくくりは・・・紅白開始直前まで続きました。

絶品でした。

「きこり」のお店
<「きこり」卒業生のお店>

残念ながら写真を撮る間もなく胃袋に納まってしまいました。

なので、せめて「きこり」で修行をした職人さんが頑張っているお店を紹介します。

お近くの方はぜひ一度行ってみてください。

美味しい蕎麦で日本酒を堪能した後は・・・・午後7時過ぎ、もうだめ。

夜中までしばし仮眠です。

きゃりーぱみゅぱみゅむ・・・・スースー。
2014-01-14 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2014年、始動

新入社員

Kurizz-Labo-HPの2014年、表紙写真は新入社員がDEQXの操作をしているところです。

実はこの写真の前にこのようなシーンがありました。

Little_Girl
<どれを聴きマチュカ!>

社員になった姉妹がCDを選んでいるところです。

これを聴こう!
<これでチュ!>

今日はこれを聴きたいでチュ!

なるほど。
-------------------
昨年末、12月の19日に雪が降りました。

その後、早朝の気温が-5℃前後で推移し、路面が凍結しているためジョギングを休んでいました。

そして大晦日。

12日間も休むと何となく体調に変化が・・・

胃袋はすっきりせず、物言わぬ肝臓がなにやら不満を・・・

まずい!もしかして・・・

この日からジョギングを再開!

大晦日の早朝
<31日朝6時17分>

なんと、一気に気分爽快。

朝1時間の運動がこんなにも体調の維持に必要だったのか!

と、改めて感じているこの頃です。
---------------------------------
新年明けましておめでとうございます

今年も、Kurizz-Laboをよろしくお願い申し上げます。

2014年元旦
<元旦の軽井沢銀座>

初詣に熊野神社へ。

元日の午前11時頃の銀座の風景です。


2014-01-03 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Kurizz-Labo(クリズラボ)

Author:Kurizz-Labo(クリズラボ)
DEQX販売のKurizz-Labo(クリズラボ)の店主です。
ホームページでは書けないこと、私的なことなどを日記風に綴って行きます。
暇つぶしにお読み頂ければ幸いです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。