FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

久々に本格的な雨氷が現出!

雨氷(うひょう、あめごおり)
気象学では、過冷却の水滴でできた雨が降る天候を、普通の雨と区別して、着氷性の雨(ちゃくひょうせいのあめ、英語:Freezing rain)または着氷性降水と呼ぶ。過冷却の水滴は、物体に付着した衝撃で瞬時に凍結して氷の結晶となる。従って雨氷は、付着前は液体であり、付着後は固体に変化する。雨氷は着氷現象の一種である(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)より。

そうだったんだ!、初めて知りました。「過冷却の雨」・・・そうなんです。
昨夜は気温が-2℃程度まで冷えたので、今宵も雪か!と思ったのですが、少なくとも寝付くまではずっと雨のままでした。
そして、この不思議な雨が今朝の景色を創ったのですね。

5時半に目覚め、明るくなった朝6時半、いつものようにウォーキングに出かけましたが、とこれがいけません。
アスファルト舗装の道路は完全にアイスバーン!。まともに歩けないので、ちょっとずるして半分ほどのところでショートカット。ウォーキングから撮影散歩に切り替えました。

(ここでBGMが出ます。)
雨氷_100211-1
上層の雲で生まれた水滴が次第に冷やされ、冷たい地表に近づくにつれて、次第に氷のつぶになるはずでしたが、なぜか氷に変身できませんでした。
そして枝に触れた途端、その衝撃で瞬時に凍結!次から次に落ちてきた雨粒がやがて枝を透明な砂糖のころもが付いたかりんとうに変身させます。

雨氷_100211-2
まんべんなく枝をかりんとうに変身させた雨氷は、たぶん数時間が掛かっていると思います。

雨氷_100211-3
創った雨粒は自覚していないと思いますが、これは芸術です。

雨氷_100211-4
これは自宅の玄関前にある紫式部の木に着いた雨氷。

雨氷_100211-5
これは野鳥用の餌台にできた小さな雨氷の柱です。
考えてみればこれは不思議ですね。雨氷が竹の子のように上に伸びている・・・・?
まあ、いいか。今日は建国記念日だから。

・・・・貴方の頭の中で鳴ったBGMはどんな音楽でしたでしょうか。

スポンサーサイト



2010-02-11 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索