FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

ウィルスにご注意!

数時間前にウィルスに感染しました。
Security Toolというウィルスです。
生まれて初めての目に見える動作をするウィルスへの感染で本人もやや慌てました。
今夜はDEQXの問い合わせを頂き、その回答図面を作っている最中でした。

ここに、その経過を述べて皆様へのご注意を喚起させていただきます。

<感染の経緯>
Mozilla Firefoxというブラウザーを使っています。
Googleで検索して、記憶は無いのですがどこかのサイトにアクセスして途端にセキュリティ関連のファイルをダウンロードしてインストールして下さいという感じのメッセージが出ました。
そのメッセージ画面はMozilla Firefoxをイメージしたもので、完全にだまされました。

ファイルをダウンロードして、exeファイルをダブルクリックした途端におかしな動作に見舞われました。
勝手にPC内のファイルをスキャンしだして、挙げ句の果てに数十個のウィルスが見つかりました。駆除しますか。
などと、一見、正常にウィルスを駆除している風でしたが、何かおかしい。
その後はこのプログラムの動作を止めても止めても起動してきて、何をしろ、かにをしろとうるさく言ってきます。
とりあえずコントロールパネルにある、プログラムの追加と削除で「Security Tool」関連を探しても全く出てきません。
そこで、こうした場合の強い味方、と思っていたウィルスバスター2010というセキュリティソフトで検出させましたがまったく引っかかりません。(ということはウィルスではないのかなと、思いましたが、でもおかしい)

ネットで「Security Toolというウィルス」を調べると大量の情報が出てきました。
そして、「ご愁傷様です。 そのPCは "Security Tool"というウィルス(正確にはスパイウェア)に感染しています。 」とのこと。
びっくり仰天。
駆除方法をネットで検索して、まず、このウィルスの動作を何とか停止し、ネットとの接続を遮断。
ファイルやレジストリーの除去などを手動で行い、何とか一命を取り留めました。
と、思っていますが・・・・・

さて、ここでいろいろな疑問が浮かんできます。
まずはせっかく購入してインストトールしてあるウィルス対策ソフトである「ウィルスバスター2010」でなぜ検出できなかったのか。最大の疑問です。
今日登場したウィルスならまだしも、昨年からで回っているようです。
これについては今、メーカーに問い合わせ中ですので、回答が来たらご報告します。

実はDEQXのCalibrationソフトが正常に働かない理由がMS(マイクロソフト)社のアップデートにありそうなことをDEQX Culbでご報告しましたが、では、MS社の勝手なアップデートを止めれば良いのではと思いましたが、これはセキュリティホールなどを塞ぐという意味では大切であり、ウィルスバスターなどのソフトはあまりあてにならないことをDEQXユーザーの福井県のHNさんからお聞きしていました。

今回の事態は、これとはやや状況が異なり最新のデスクトップPCで、OSはWindows XP Professional、MS社のアップデートは全てインストール済みの状態でした。

変なサイト(あっちのサイトではありませんヨ)にアクセスしたのが全ての発端ですが、結論は誰でもいつでもウィルスには感染する可能性があるという事を直に感じました。

くれぐれもお気を付けて、世の中を渡って下さい。

ではまた。

スポンサーサイト



2010-09-12 : 非日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索