FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

その後・・・

二つのその後について、ご報告します。

まずその一つは義姉の葬儀です。
近親者のみで執り行った今回の葬儀はある意味で故人との純粋なお別れが出来たと思います。

半年ほど前に当の本人から電話があり、主人(兄)の体調が思わしくないので、「いざというときには私の葬儀をよろしくお願いします。」と託されました。
これには私も少々悩みましたが、残ったものの努めと考え、その日はいつか・・・と思いながら過ごしてきましたが、ついにその日を迎えてしまいました。

結果的には24年前に父を見送った際にお逢いした義姉の兄弟3人とも再会でき、改めてお互いの頭部を確認しながらの再会を約束しました。
果たしてどのようなシチュエーションでの再会になるのでしょうか・・・・


もう一つのその後、それはマルウェアに関するセキュリティソフト会社の対応についてです。
先日のPCにまつわる騒動については「ウィルス」という名前が私自身今ひとつしっくりしないので調べてみるとウィルスやトロイの木馬など、あらゆる種類の不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称をマルウェア(Malware) と呼ぶことが判り、これを使うことにしました。

ちなみにマルウェア (Malware) という言葉は、「悪意のある」という意味の英語「Malicious(マリシャス)」と「Software」を組み合わせて創られた造語とのことです。(ウィキペディアより)

数あるコンピューターのセキュリティソフトですが、最近では、検察が証拠を改ざんし、警察が泥棒や盗撮をする時代、セキュリティソフト(会社)がPCを守ってくれるとは思わない方が良いと言うことを痛切に感じた事件でした。

私が使っているセキュリティソフトはTREND MICRO社の「ウィルスバスター2010」です。
今回のマルウェア騒動について12日に出した問い合わせへの返事は15日にメールが来ました。

メールの最後に
「お客さまは、トレンドマイクロ株式会社の事前の書面による承諾を得ることなく、本メールおよび同社のWebサイト上に記載される一切の情報をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、または、手段を問わず転送することはできません。」
とありますので、本来はこの文章自体、再掲は許されないのかもしれません。

というわけで、メールの内容をここにそのまま掲載することは出来ませんが、その趣旨は

・この度の件で不便をかけたお詫びが1行
・現象の再現が困難であることの確認(恫喝)
・従ってトレンドマイクロ社による調査は困難である旨の確認(責任回避)
・ウィルスバスターで検出できなかった事の理由は状況の確認が出来ないなら出来ない(居直り)
・今後は事態が起きたらすぐに会社に知らせること
・以下、ログファイルを会社に提出するよう指示
・アップデートの手順紹介(私は常に最新の状態にしていた)
・現象が起きたときに画面のキャプチャーをする方法の紹介
・Webブラウザーの閲覧履歴の削除方法
・システム情報を収集するソフトのダウンロードと実行方法
・ウィルスバスター調査用ツールの実行
・ログファイルの内容確認と圧縮
・ログファイルのアップロード
・ウィルスについての詳細情報の提出
・バージョンアップのお知らせ
となっていました。

重篤な病気なって例え死にそうな場合でも、その状況(心拍数、血圧、脈拍、酸素濃度等々)をきちんと測定して記録に残しつつ、専門医に連絡して状況を伝えて相談し、レポートを提出する義務があると言いたいのでしょうか。

警備会社から、取られたものはも返ってこないが、ドロボーの顔写真や痕跡、詳細をレポートにまとめて提出しろと言われているに等しい感じです。

貴重な時間は二度と戻ってきませんので、マルウェアの万一の攻撃に対して、それが今回の SecurityTool のように半年以上も前から日本を含む全世界に出回っている既知の存在である以上、最低限、注意喚起や撃退をしてくれるものと思っていた私が甘かったと思います。

テレビなどでの警備会社のCMもかなりのものですが、画面の右下にあるウィルスバスターのアイコンからはかなりの頻度で新製品のお知らせなどがポップアップしてきます。
おたくの会社のコマーシャルを見るためにウィルス駆除ソフトを購入したわけではないと怒鳴りたくなります。
検察が証拠を改ざんするのも、警察がドロボーするのも、電話会社が電話でコマーシャルするのも大嫌いです。

これで鬱憤が晴れたので、今回の件は忘れて残りの時間を有意義に使うことにします。
お付き合いいただいた皆様、申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。
次からは建設的で前向きな事柄を掲載していきたいと思います。
スポンサーサイト



2010-09-23 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索