FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

縮んだら延ばす・・・

1月17日のブログに「仕事部屋(2階)の窓から撮影した」風景、を載せました。
写真の左側がその窓です。

キツツキ

そして、その左側の緑の円がキツツキが穴を開けようとしている場所で、今日のテーマです。
ウォーキングコースの途中に、軒下の10ヶ所くらいから布切れが垂れ下がっている家があります。
キツツキに開けられた穴を塞いだものと思われます。

大変です。その穴が我が家にも・・・
昼食後、15~20分ほど昼寝をすることがあります。
一昨日も、ちょうど寝かかったとき「コッ、コッ、コッ、」「コッ、コッ、コッ」というリズミカルな音が聞こえてきました。
実はこの音、今に始まったわけではなく、既に足掛け3年ほどになるでしょうか。
そして数ヶ月前には緑色の円の所にそれらしき痕跡を見つけましたが、面倒(実は高所が嫌い)なので放っておきました。

しかし至福の一時である昼寝を妨げるのは許せません。
早速、キツツキ退治について調べましたが有効な対策はないとのこと。
しかたなく、対症療法で穴を塞ぐことにしました。
ネットで調べた結果、ウッドエポキシという木材の穴を補修するためのエポキシ系の接着剤を使うことにしました。

ウッドエポキシ

2液混合型タイプの接着剤はいつも使っているものですが、ウッドタイプがあるとは知りませんでした。
これなら完全に固まればガラスのように強固な個体となって穴を塞ぐことが出来ます。
キツツキさん、続きをやるならやってご覧。ウッシッシ。
余裕です。
と、結論を言えばこうなりますが、穴塞ぎの作業場所は写真のようにかなりの高所です。
引き延ばし式のハシゴを目一杯延ばし、
午前10時を過ぎて多少暖かくなったとはいえ、-5度の空気の中、
7~8mのぼるともういけません。
「○玉」が縮み、お尻がむずむずしてきます。
でも快眠を妨げる異音は許せません。
私も男の子(だから縮むのだ!)頑張りました。

無事に穴を接着剤で塞ぎ、ハシゴを下りると、
「この際、隣の鳥の巣も取りましょうか。」との声が・・・
エッ、どこどこ、
「右側の一番高いところよ。」
青い円の中に小鳥の巣があるとのこと。
キツツキの作業場よりさらに1.5mほど高いではないか!!!!
ハシゴのてっぺんに乗る・・・・
それが出来るくらいなら先日のアンテナ取り換え作業は自分でやっています。
でも、ここで引き下がってはオトコが廃る。(男だから縮むのだが・・・・)

決死の覚悟で、小鳥が作った大きな巣を取り去って作業は無事完了。
やれば出来る・・・縮んだら延ばせばよい・・・
この日の貴重な教訓でした。

スポンサーサイト



2011-01-27 : 非日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索