FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

浄化槽ブロアー交換

壊れない限り、あまり意識に登らない浄化槽。
でも田舎暮らしでは毎日お世話になる重要な設備です。

この手のお話し、前回は給湯器についてお伝えしました。
今回は浄化槽に不可欠なブロワーのお話しです。

1999年8月以来、今日まで使っていたブロアーはLE-60Aという製品です。
これは、浄化槽がクボタ製でその純正ブロアーとしての日東工器製でした。

LE-60A
<日東工器製 LE-60A>
これが、2~3年前からかなりの振動音を発するようになりました。
四隅にスポンジを入れると静かになりますが、数ヶ月で元通り。
次第に大きな振動音になってきて、最近では窓を締め切った室内でも聞こえるようになりました。
いくら何でもこれはひどい!
でも11年以上も全く休み無しで動いていたので無理もありません。
そこで、後継機種選びに入りました。

LP-80HN
隣の友人宅はこのタイプ。

安永エアポンプ株式会社製で音はかなり静かです。
我が家のものと比べてデザインもなかなか、うーん、良いかも。
ネットで浄化槽ブロアーについて調べると実はあまり情報がありません。
そして、どこから入っても同じホームページに辿り着きます。
その名も「浄化槽ブロアー.com」
このページで安永エアポンプを見ると、最初に出てくる解説が・・・

「安永は広く使われていますが、商品の使用状況にもよりますが、
数年で壊れるケースも報告されており、耐久性に疑問があるので
弊社ではあまりお勧めしてません。」

とあります。
凄い!・・・とてもこの製品を売っている店の言葉とも思えません。
でも、アマノジャクな私はこのコピーで少しショップを信用しちゃいます。

LA-80E
<日東工器製 LA-60E>

で、調べていく内に我が家のLA-60Aの代替えはLA-60Eが良いとのこと。とても分かり易いですね。
LA-60Bというのもあったようですが、EconomyのEがついて、電気代が10年で3万円安くなるそうです。
リニアポンプ式とかで、丈夫で長持ち、音も静か・・・だそうです。

これは、今、改めて調べると今までのLA-60Aも既にリニアポンプですね。
と言うことはリニアポンプだから丈夫で長持ちと言っても、10年程度が寿命でしょうか。

後は得意のネットでルンルン、価格調べです。
なんと、結果は全て同じ、「浄化槽ブロアー.com」と一緒です。
そしてこのショップは送料や着払い手数料がないので、結局は割安。
ならば納得。早速、昨日ネットで注文しました。

そして、本日午後2時、やってきました、新人ブロアー君。
早速交換しようとすると、浄化槽からの空気取り入れパイプがやや長すぎます。
鉄ノコで1.5センチほど切り取り、無事に設置完了。
プラグをコンセントに差し込んで電源ON、・・・・
・・・・・あれれ動かない!。真っ青になる栗原君。

いやまてよ・・・・もしかして・・・触ってみると振動が。
あれっ、動いているんだ・・・なんて静かなんだろう。感動の涙が・・・

今から考えると少しオーバーですが、その時は真っ青でした。そして感動でした。

ブロアーは音が大きくなった3年ほど前から、30センチ角で厚さが10センチのコンクリートブロックに乗せていたので台の共振音などはもともとほとんどありません。

それにしても静かです。
いやーーーーー、これまでは何だったんだろう。
音が聞こえないので動いているかどうか不安になりますが・・・
まるで電気自動車のようですね。

今回の件でもう一つ判った事は、製品の良否を外見で判断してはいけないと言うことです。
そして、本当に良いものはそれなりにコストも掛かっているということを改めて実感しました。

「浄化槽ブロアー.com」さん、ありがとう。
この製品の本当の良否は10年後にご報告します。

スポンサーサイト



2011-02-25 : 日常の出来事 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
動作音が静かなのはよいですね。リニアトラッキングアームの圧搾空気源に好適かも。
2011-02-26 14:05 : bj44v(略) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索