FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

新プロジェクト始動!

2011年6月27日

土地造成からずっとレポートしてきました、ジョギングコース途中の建築現場は2ヶ月遅れですが、見事に完成しました。
別荘か・・・はたまた保養施設か・・・・いずれ判ると思います。

ジョギング_6月27日

とりあえず、このレポートは今回で完了とします。

-------------------------------------------------

さて次は、新プロジェクトがスタートした話題です。
2ヶ月ほど前、隣の別荘のご主人で、「つのだひろ」にそっくりのNMさんから、

「栗原さん、一緒に石窯を造りませんか」との提案がありました。

飲み屋での話では、私が設計と現場監督、資金は全てNM氏が担当!
これでプロジェクトの骨格が固まりました。
それならばOKです。
・・・・えっ、私としては特に問題ありません。(ハイ!)

早速、設計担当としてはネットで「石窯」なるものを調査・・・
フムフム・・・なるほど、そういうものか。
ピザやパンが焼ける。ローストビーフや燻製も出来る。
なかなか楽しそうです。

で、1週間後、石窯キットを製作している会社を見つけました。
ページを見ていると、なんと、この会社がNM氏の本宅から歩いて10分のところにあることが判りました。

NM氏にその会社に行って調査をするようお願いしたところ、早速購入することになりました。

1ヶ月後、キットが到着しました。
そして、6月末に1週間ほど軽井沢に行くのでそのときに一緒に造りましょう。という事になりました。
こうなると設計技師としては少し慌てます。

1週間前に何とか設計を終えて、今日の日を迎えました。

私もNM氏も本格的な土木工事は生まれて初めて。
どうなることやら・・・・ともかく、軽井沢の追分で新たなプロジェクトが始動しました。

NM氏ご夫妻が26日に到着。
早速段取りの打合せを行い、明日の作業は朝8時半から開始と決まりました。

そして当日、自分に優しく他人に厳しい現場監督は一切の妥協を許しません。
で、2日間の工程を1日で完了。(どこかの工程表と違ってどんどん前倒しで実施します)

しかし、完全に肉体の限界を超えてしましましたので今日は早めに寝ます。
とりあえず写真で、今日一日をご覧下さい。

石窯造り-1
<石窯を載せる土台作りから開始>

● 地面を掘り下げて木枠を設置。この中に砕石を入れて突き固め、コンクリートを流し込む。
● とてもとても初めての土木工事とは思えない本格的な「雰囲気」でしょ!

石窯設計図

<図は完成イメージと工事用も兼ねる>

別荘のデッキから石窯の火が焚けて、焼き物を出し入れ出来る高さに設置するため、通常よりかなり高い土台が必要。

石窯造り-2

● ひたすらブロックを積み上げていきます。

石窯造り-3

● 釜が完成してから作る予定の屋根を載せる柱用土台を設置。

石窯造り-4
<真のプロジェクトリーダーは「文太君」です。>

石窯造り-5

● 60代のおっさん二人が泥遊びをしています。

石窯造り-6

● 一段目のブロックを設置。

石窯造り-7

● 二段目が出来て三段目に。

石窯造り-8

● さらに四段目・・・そろそろヤバイか。(何が・・・秘密です。)

石窯造り-9

● 私はB型。NM氏はA型。
● NM氏曰く。栗原さんは作業が早いけど雑だよね。私は遅いけどきちんとやっている。
● などなど、お互いに無駄口をたたきながら和気藹々と進める作業は最高です。
● しかし、仕上げに関しては反論あり。結果は明日報告します。

石窯造り-10

基礎の上に6段のブロックを積んで今日の目標である土台作りはひとまず完成。
この後、工程表通りに急遽夕立が降り始めました・・・・

◆ Blogに追加の文章を入れたらせっかく入れて頂いた拍手登録が消えてしまいました。
  申し訳ありません。改めてもう一度「拍手」をお願い申し上げる次第でございます。
スポンサーサイト



2011-06-27 : 石窯造り : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索