FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

プロジェクト3日目!完成編

石窯造りも3日目。最終段階に突入。
私は昨日、京都に行ってDEQX関連の打合せを行いましたが京都は暑かった!。
NM氏ご夫妻は、多分、暑い最中のゴルフだったと思います。
軽井沢のゴルフも、京都の打合せも、同じように暑かった。と思います。
どんなに水分を採っても一回も行かずに済みましたが、ハンカチもTシャツもびっしょり。

そして今日、石窯の方はいよいよ佳境に入った3日目のレポートです。

石窯製作-1
<仕上げの第一段階>
◆ セラミックの耐火レンガで組み上げた石窯に針金で補強を行う作業から開始。。

石窯製作-2
<竈の中にはドーム組み立ての補助用段ボールが見えています。>

石窯製作-3
<仕上げの第二段階>
◆ 補強の針金が完成した段階でとりあえず火入れを行い、石窯としての機能確認を行います。

石窯製作-4
<鉄板製の扉も機能をチェックします>


石窯製作-5
<薪に火が付いて本格燃焼>
◆ ヤバイ。ヤバイ。煙突から出るはずの煙が窯全体から出ています。
◆ チェックの結果、このままでは周りで見ている人が燻製になることが判明。

石窯製作-6
<総監督の”文太”君。あきれ果てて昼寝です。>

石窯製作-7
<巨頭会談の結果、仕上げモルタル兼煙対策を決定>
◆ この結末は実際に火をたかなくても見えていましたが、何事も肌で実感が大切!

石窯製作-8
<背面のモルタル仕上げ>
◆ これを見て、イタリアが頭に浮かばない人は・・・・です。
◆ このような仕上げはプロには出来ません。

石窯製作-9
<モルタルの上に顔料で色付け>
◆ 白色セメントに無機質顔料を加えて着色します。
◆ 窯のオーナーの色気は首に巻いたタオルで判明。
◆ タオルと同じ色に仕上げます。


石窯製作-10
<通常は女流画家協会に出展している方>
◆ 日頃は100号のキャンバスに向かうエネルギーを石窯に投入。

石窯製作-11
<煙突の塗装>
◆ 首に巻いたタオルと同じ色で本体を仕上げると、煙突と同じ色であることに気付きました。
◆ これはいけません。煙るが出ない煙突でもアクセントにはなるはず。
◆ ならば思いっきり目立つ色に塗ってしまおう。


石窯製作-12
<3日目の夕暮れ時。とりあえず完成です>
◆ 緑のバックに緑の煙突。
◆ なるほど、自然に溶け込ませるということは、こういうことだったんだ。
◆ えっ、さっきはせめて煙突を目立たせると・・・言ったのでは。
◆ 物事は常に前向きにとらえることが肝心です・・・・よ。

石窯製作-13
<土台のブロック柱を黒で塗装>
◆ 全ての作業を完了。
◆ 人生最後のプロジェクトを完成してご満悦の二人。

石窯製作-14
<総監督の文ちゃんと、KLZ48(軽井沢フォーティエイト)の二人>

石窯製作-15
<総監督以外は心から堪能した3日間でした>
◆ 明日、夕方にピザの試作をします。
◆ 文太監督、不貞寝も良いけど、試作ピザの出来上がり具合で3日間の作業を判断して下さい。

◆ 3ヶ月前にNM氏の発案でスタートした石窯プロジェクトはこれで一段落。
◆ オーディオはシステムを構築して初めて音楽が楽しめます。
◆ 石窯も作っただけではただの石とコンクリーの塊に過ぎません。
◆ 明日のピザ試作がこの3日間の作業内容を如実に物語ってくれることでしょう。
◆ 吉と出るか凶と出るか・・・・明日、夜のブログで結果報告です。

お休みなさい。

スポンサーサイト



2011-06-30 : 石窯造り : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索