FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

803D vs 802D 

昨日、大変興味深い経験をさせて頂きました。

MT氏のNewシステム
<笛吹市のMT氏宅>

写真のスピーカーはB&Wの802Dと803Dです。
内側に置かれ、今はA/Vシステム用となった803Dはつい先日まで、内蔵のLCネットワークをパスして3台のパワーアンプでドライブするマルチアンプ方式として、ピュアオーディオ用に使用されていました。

そして、昨日は外側の802Dを同様にLCネットワークをパスしたマルチアンプ方式でドライブしました。
803Dの時、既にDEQXはHDP-3からHDP-4にアップグレードされ、パワーアンプも803Dの時と同じものです。
つまり、DEQXもパワーアンプも同じで、共にネットワーク無しの803Dと802Dを聞けるまたとないチャンスでした。

結果についてMT氏はその日の夜のメールで
-----------------------
本日は、有り難うございました。
思い切って802Dにして良かったとしみじみ感じています。
正直、ここまで違うとは思っていませんでした。

もちろん、音質的な共通点はありますが、802Dでは音が鳴り響いているのです。
そうなんです、鳴っているだけではなく鳴り響いています。
ここまで鳴るとは・・・・・驚きです。
-----------------------
実は、私も感じました。
調整後に聴いた第一印象は、
あれっ、この曲にはこんな響きがあったんだ!と。

詳しくは近日中にホームページのUse's Reportでご紹介します。


スポンサーサイト



2012-09-03 : DEQX関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索