FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

味覚と芸術の秋

7月に下見した、つけば料理「あゆ友」

海野宿に巨大なオーディオルームを構えるY氏宅でツィーターを付加したシステムの再調整に行きました。

元々、Y氏に教えて頂いた「あゆ友」に今回は招待されました。

子持ち鮎-1

見事な子持ち鮎です。
「あゆ友」ご主人が・・・・今年最後の絶品です。と仰る。

子持ち鮎-2

そして、なんと1時間以上も掛けて焼き上げたという、見事な子持ち鮎の塩焼。
頭から全部食べられます・・・と店主の桜井信行さん。

Y氏

食べ慣れたY氏は早速頭から丸かじり。
美味しそう!
では、私も。
子持ち鮎の塩焼とビール3本。

---------<約1時間、至福の時>---------

昼のビールは良く効きます。

この鮎のお店から車で2分のところに・・・

一月前の8月25日には天皇、皇后両陛下が訪れたという美術館があります。

水村美術館
<水村喜一郎・美術館>
-----------------------------------------------
『口と足で描く芸術家協会』のホームページより。

水村喜一郎

1946年7月東京都生まれ。

9歳の時に高圧線に誤って触れ、両腕を肩から失った。

以後、手の代わりに口と足を使い、生活の全てにわたって何事にも果敢に挑み、自助の精神を貫き通した。

14歳の時から口に絵筆をとって描き始めた。

17歳の春に初めて公募展に入選。これを機会に油絵への情熱が高まり、素晴らしい上達を遂げた。

静寂と安らぎを宿す世界を独特の美しさで描き、

「描く詩人」といわれ、技術とその絵の持つ力は傑出している。
---------------------------------------------

陛下と水村さん
<8月25日の様子>

水村さん作品
<氏の作品-1>

懐かしい風景はどこかかで見た既視感があります。

作品-1
<氏の作品-2>

しかし、次第に気になることが・・・

多くの作品が左に傾いているのです。

水村喜一郎さん
<皇后様と出会いの作品「柿」と水村さん>

ビールの勢いもあり、受付の方にその旨を質問すると・・・

事務所の奥からご本人が登場・・・(まさか、びっくり!)
----------------------------
おもしろい質問です・・・・

遠近法で画いていますが、見る場所によって電柱は曲がりますね。

左が下がっている・・・なるほど。

この絵のスケッチはこちらの方角からでしたね。
---------------------------
等々、30分ほど激論(笑)を交わし、すっかり友達気分に。

2歳年上の水村さん、そして素晴らしい作品との出会い、ありがとうございました。
------------------------------------
PR:つけば料理「あゆ友」は10月一杯営業しているそうです。

しかし、今回のような絶品の子持ち鮎はもう出ません。

今年最後の3匹を戴いてしまいましたので・・・・あしからず。

スポンサーサイト



2013-09-24 : 日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索