FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

AQF-2(2018年12月8日)

今日の話は昨日の続き、今日の続きはまた明日・・・

前田武彦と大橋巨泉、そしてわたくし。(ラジカン)

ちなみにBGMはスリーサンズの「夕日に赤い帆」

このフレーズが分かるのは、60代か、それ以上の方々です。

ここから本題。

同じ周波数特性の変化(クセ)でも・・・

中心周波数:50Hz
< 50Hz、+3dB、Q=0.7 >

低域に厚みを感じるGoodでリッチな音!

中心周波数:3kHz
< 3kHz、+3dB、Q=0.7 >

極めてクセのある許せない音!

中心周波数:10kHz
< 10kHz、+3dB、Q=0.7 >

高域に輝きを感じるGoodでリッチな音!

の違いがあります。

3kHz、+3dB、Q=0.7は10人が10人、なんか変とおっしゃいます。

でもこの特性でずっと聴いているとやがて慣れます。

改めてフラットな特性と聞き比べるととんでもない音だと分かりますが・・・

音に対する人間の感性は実に実にいい加減・・・・

ここに現代のオーディオメーカの生きる術(ノウハウ)があります。

「気をつけよう 甘い言葉とオーディオ道」・・・・(クリズラボ)



スポンサーサイト



2018-12-09 : ホンネトーク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索