FC2ブログ
Kurizz-Laboのホームページに連動する私的日記です。

久々にアップします。

12月9日以来のブログ更新です。
今朝も5時半に起床して6時からウォーキングに行きました。が、もう限界です。
えっ、止めるの・・・・・
そうではなく、6時だとまだ世の中が真っ暗なのです。軽井沢の日の出は6時55分頃とか。
歩き出して30分ほどは熊さんや、イノシシさんとのご対面を期待しながら、鈴をならし、歌を歌い、ドキドキしながら歩いていますが、もう限界。明日からは6時起床、6時半頃出発に変更してみます。

さて、9日以来かなり忙しい日々を過ごしています。12月6日のブログでRS232Cとマイコンについて勉強していると書きましたが、実はDEQXというオーディオ機器の中からボリュームレベルの値を取り出して外部に表示するオプションの開発をしています。開発は11月15日にスタートし、改めてマイコンの勉強をして、表示器周辺の開発も終え、いよいよ最も重要なDEQXの中を覗く仕組みを手に入れる段階になりました。
RS232Cとう通信方式を使って、2週間ほど取り組みましたが、通信の世界は私にとっては別世界。ちんぷんかんぷんです。そこで、ついに助っ人を呼ぶことにしました。埼玉県に住むY.K氏。彼は大手通信メーカーが全国に設置しているシステムの電源を集中的に監視するシステムなどを開発しているプログラマーで、実は私の息子です。

先日、軽井沢に到着して解析システムを組み上げ、データとにらめっこをすること数時間。
3台のパソコンと、彼が今見ているのは

通信解析-1

シリアル通信データ解析ツールです。
通信解析-2

私には今回の作業を通じてDEQXというマシンを理解して貰い、システムの要件や接続が分かったら後は埼玉の自宅で解析を続けて貰うつもりでしたが、午後3時頃、「解った」と静かに一言発しました。
えっ、何が・・・・

これが8本のバーメーターの値を伝える入れ物。そしてこの最後にあるのが音量レベルを決めるボリュームの値だよ。
という。そしてあるコマンドをDEQXに送ると、それぞれのレベル値を入れたこの箱が返ってくるので、ここからVRのデータを抜き出して表示すれば良いと思うよ。とのこと。

私が2週間以上も日夜苦労していたのが嘘のよう。さすが餅は餅屋。専門家!。プロ。
と言うわけで、オプションのレベル表示器を開発するための最大の山は越えました。
近日中にプロトタイプをご紹介できるかもしれません。

11月15日に、何とか年内に開発を完了する。と自らに誓ったのですが、この分ではそれほど大きな遅れもなく達成できそうです。
でも、一月ほど前から腰が痛くなってきて、無理な姿勢をしばらく続けるとその後は動けなくなるほどの痛みが襲ってきます。ヤバイ。もしかすると「ぎっくり腰」
今日も、地下室でケースに表示器を取り付けるための加工作業をして部屋に戻ると突然動けなくなりました。
どなたか腰の痛みに効く治療法をご存じの方がおられましたらお教え下さい。
表示器を完成するまでは死んでも死にきれません。・・・・腰が痛いくらいでオーバーな!!!

息子よ!ありがとう。
スポンサーサイト



2009-12-25 : 非日常の出来事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

栗原信義

Author:栗原信義

クリズラボの店主です。

自家焙煎のこだわり珈琲と、

何も足さない何も引かない

正確なサウンド!

あと10年、オーディオを中心に

感性と科学の両面から追求して

いきたいと思います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索